プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



共通項

       点を繋ぐ道具


 先日の事、検索途中にこのブログへ立ち寄った
方が居られました。
キーワードは三和土(たたき)の土間。
僕のやきものの仕事場は全面、その三和土の土間です。
このブログでその事を取り上げ、そのページにアクセスして来られました。

 コメントを残してくれた事で、1つの出会いが生まれました。
その方は富山県在住、古民家に暮らす同世代の実直な人でした。
玄関スペースを三和土の土間にしたいけども、
土の配合比率が解らない、とのコメントでした。
以前全く同じ疑問を抱いた自分が、ネットで調べた時にも
配合比率を公開しているものが無かったことを体験しているので
その方の気持ちがよく解りました。

 連絡先を非公開のコメント欄にて知らせてもらい、
後日電話で話をする事になりました。
夥しい種類の新建材が開発され、それらが住宅建築に
多数用いられる昨今。
住まいが工業製品化されつつある今、昔から使われていた素材で
我が住まいを造りたい、その一つとして土間を造りたいんです。
そう言われます。
 とても同感。自分の土間体験を通じて知った事、肝心の土の配合比率の事の他に話は多岐にわたって行きました。
とても面白い時間でした。

 ネット上の顔の見えないやり取りの中で、
このような体験を出来た事は自分の中の概念を変えるのに
充分な出来事でした。
まして、微力ながらもその方の手助けを出来たのかなぁ、
と思うと喜びを感じます。

 離れた場所で同じ境遇に立つ人間同士が、
ネットを通して共通の話題で交流する。
 点と点が線で繋がる。
面白いことです。
楽しいことです。





この記事に対するコメント
いながらにして、新しい知り合いが出来広がりの生まれるのは嬉しい事ですね。その方は山坊主さんの人柄にふれて本当に嬉しかったと思います。
【2006/08/03 10:37】 URL | 山姥 #- [ 編集]

山姥さま
 だといいですが・・・。
似たような志向を持つ人間が
ここに立ち寄ってくれる。
そのことが嬉しいですね。
【2006/08/03 23:06】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/65-6c9586a6