プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



大丈夫?

                構内迷路


 窯に被せる土に混ぜる材料を今日、取りに行ってきました。

 町内の土木会社の厚意により、
4tダンプを格安で借りることが出来、大助かりです。
町から40分。
内房の工業地帯へ向かいました。

 まず、製鉄所の構内へ入るための許可書を
受け取りに商社へ。
一般的には僕のような部外者を構内に入れたくないだろうに、
製鉄所内部との橋渡しの労を厭わず対応して下った担当の方に
感謝しつつ、許可証を手に構内へ向かいます。

 目の前にそびえるJFEの建物群。
その脇には、最近新設したJリーグ千葉JEFの本拠地、
サッカースタジアムが異質な雰囲気で並んでいます。
それらを見やりながら、いよいよ正門。


 一時停車して門衛の方と2,3やり取りをしてから構内へ。
そんな感じを想像していましたが、ゲートらしきものも無い
広い道路をただ、流れに乗って通り門衛が素早く入場許可証
をいちべつする、それだけでした。
肩透かしを軽く受けながら、いよいよ構内。

 だだっ広い道路を、指示された順路通り進んで行くと・・・
目的の建物がなかなか出てこない。
おかしい、と気付いた時には完全に迷い込んでいました。
元の道へ帰るにも一方通行が多くてなかなか戻れない。
手渡された地図には、チョコチョコっと進めば目当ての場所へ
着ける様に書いているけど、角々の目安になりそうな
建物もない。
 結局3人の工員に尋ねながら、目的地に着いたのは
門を通ってから30分後でした。

 前もって連絡を受けていた様子の担当者は
やっぱり迷ってたかい、と言いながら出迎えてくれたけど
やっぱり、と言うくらいならもっと分かりやすい地図を用意したら
いいじゃないか!、と感じた僕でした。
それからの積み込みまでもたっぷり時間が掛かり、
詰め所で代金を支払った時点で1時間半、経過。
 ただ、時間は掛かったものの行き会う工員の人達は
実に気持ちの良い、面倒見のいい、おもしろいおっちゃんばかりでした。

 

DSC02883.jpg

 当初は2台分取りに来ようと思っていました。
が、大きい声では言えないけどおおよそ、
2台分を1台に積み込んでしまったのでこれで終了。
 おっちゃん達に別れを告げて、帰り道。
迷い廻った行きの道と打って変わり、すんなり門まで出て来れました。
 
 疲れたけど、面白い体験でした。
商社の担当者並びに工員の皆さん、どうもお世話になりました。
お蔭様で窯の材料が揃いました。
がんばって良い窯に仕上げまーす。
ありがとうございました。

 


 





この記事に対するコメント
いよいよですね!

今度は収縮が少ないといいですね。
何を使うにしても乾燥するんだもの、全く収縮しないということはないでしょうね?
大きなものだからほんとに難しいと思います。
頑張ってくださいね。

成功をお祈りしてます!
【2006/07/28 22:11】 URL | fuuuu #pJwfKlE. [ 編集]

  fuuuuさま
 この鋼鉄スラグは収縮しないんです。
溶鉱炉の中で1500℃以上の熱に晒されて
出来ている、結晶体ですからねぇ。
僕のために存在してくれた様な素材です。
 多分、ではなくきっと大丈夫でしょう。
応援、ありがとうございます。
【2006/07/28 22:37】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/60-356b3e0b