プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



長柄粘土 三態

       おもしろいわ、やっぱり


 ゆうべ遅くに、突然造りたくなった茶碗とぐいのみ。
ロクロでの成形ではなく、手捻りで造りたかったんです。
おおよその形を造り終えたところで就寝。


 今日の昼過ぎに仕上げ行程を出来る硬さになっていました。
この土を触っていると、どうにも表面を削りたくなってしまう衝動を
抑える事が出来ず、壷の仕上げ同様削り出し仕上げを施しました。

DSC02838.jpg

 手捻り成形も削り出し仕上げも、やはり、とてもおもしろく感じます。
その反面・・・やきものから離れて、早4年と少し。
自分にとっては、手先の感覚を取り戻すためのリハビリのつもりで
粘土に触るのですが、ふと気付くと完全には作業に没頭していない我を見つけます。
 上手く形を造れないのを、ブランクのせいにしている自分に気付いてしまいました。
逃げ道を用意しておく癖が無くなっていない事に自己嫌悪。
モノを造る人間が、しょっぱなから言い訳を準備しておいて
良い作品など造れるわけがありません。
初窯までの道のりにしても、精神的にも、ホント前途多難だと
日頃漠然と感じていた事の輪郭が鮮明に浮き彫りにされました。
 なんか雲行きが怪しくなってきたのでこの辺でやめましょう。

 そうそう、仕事場のお気に入りの空間に、
新顔登場。
 
DSC02849.jpg

 出入り口の脇に収まった、名刺や陶歴を置いておく小さな台座。

そうだ、くよくよ考えずに具体的に行動するのみだ。
さっきの雲行き怪しいのが・・・  


                    よし!もう吹っ切れた。       

 




この記事に対するコメント
自己嫌悪、気にしない、気にしない。。。

機械が作ったモノと向き合うわけではないので、
そういう揺らぎも、時として肥やしになると思えば、
どっしり構えて、作品とも、自分とも向き合えるのでは~、
なーんて、これじゃ他人事になってますね。イカン、イカン。。

作品を手に取った人が、この作品をどういう背景で
作家さんが向き合って作ったのか、とか、そういったエピソードも
含めて感じるものがあったとき、その人と作品の新しい関係が
生まれると思います。。。
それはきっと、たまたま趣味にかなった作品よりも、
愛着とか、いろいろなモノが刺激されると思うので、
キレイごとばかりとはいかないけど、こういうブログは
これから山坊主さんと出会う人にとっても、
意味があると思います。。。

応援してまっせ~♪
【2006/07/18 00:46】 URL | あまとと #FqTu9.sQ [ 編集]

山坊主さんの作る壷や器は見ていて安堵感を覚えます。
登り窯の中でどのような変貌を遂げるのか楽しみですね。
私もワクワクしてきました!
【2006/07/18 21:23】 URL | fuuuu #pJwfKlE. [ 編集]

あまととさま
 どうもありがとう。
モノをつくる人間が経験することのひとつに、
その時の精神状態や思考傾向が、
如実に作品に投影される事があります。
作者である人間に揺らぎがあっても良いと感じつつ、
作品にはその揺らぎが反映し過ぎても好くないのでは、とも感じます。
 自己を肯定しがちな自分だけど、
それでお前はいいのか!と自問するもう一人の
自分もいる訳で、年々葛藤する事柄が増えてゆくんですねえ。
とは言え、全然深刻ではない事柄ばかりなので
ご心配くださりますな。
【2006/07/18 23:46】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  fuuuuさま
 安堵、ですか。
嬉しい感じ方をしてくれますね。
でも、まだ落ち着き感漂うモノを造りたくない
自分がいるのも事実なんです。
もっと、とんがっていたい、もっと自己主張したいって感じてるんです。
ただ、背伸びをして虚勢を張っても仕方ないですから、等身大の自分が作品に投影されている
と思えば安堵感を覚えてもらえた事を、素直に喜びます。
 窯で火に身を委ねる作品が、どんどん
出来るように頑張らないとなー。
【2006/07/18 23:59】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/50-f5c5207f