プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



じゃじゃーん

       やきもの屋のはしくれ


 植木鉢で水分を飛ばし、菊練を終えた長柄産粘土。
本当はこの粘土、やきもの用に砕いた訳じゃあないんです。
あくまでも、窯に被せる土として収縮率を調べたかったのに・・・。
 でも目の届く所に粘土がありゃあ、目的が他にあると分かっていても
何か立体を形造りたくなるもんです。
やきもの屋の性でしょうか。

 で、造っちゃいました。


DSC02829.jpg


  菊練同様、身体で覚えたモノは年月が経っても感覚が残っているものです。 


DSC02830.jpg


 奥と手前の表面に、質感の違いが見て取れますか。
同じ粘土でもロクロの挽き方を変えると、これだけ表情が違ってきます。
手前のものは、横に張らす途中で胴の部分にヒビが出来ちゃいましたが、とてもこの土の特性が表われていると感じます。
ひび割れを起こす事は欠点ではなく、逆に利点と捉えこの荒々しさを
活かしてあげれば面白いものが生まれると思います。


 この粘土の使い道が脇にそれましたが、
久しぶりのロクロを楽しめたのでまあ、いいや。



  




この記事に対するコメント
特徴、特性はたとえそれがマイナスでもプラスにすることができますよね。
特徴がないものは×でも÷でもゼロはゼロ。
良いところを愛情で伸ばしてあげるのがいいですね。
何はともあれ確実にスタートが近づいてきちょうで嬉しい限りです。
このブログを毎日読んでいると自分まで興奮してきちゃうもんですね。
【2006/07/13 00:35】 URL | izumi #- [ 編集]

作品ですね!
こちらまでワクワクして来ます。
こちらも楽しみー!
【2006/07/13 00:48】 URL | kanna #- [ 編集]

六地蔵での初めてロクロを廻して造った作品ですか? 感動です!
【2006/07/13 18:17】 URL | 山姥 #- [ 編集]

izumiさま・kannaさま
 そうか、どんな世界でもそういう捉え方
はあるんですね。
じっくりこの土とは付き合って行きたいです。
なにせ、この地で生きてゆくうえで、生命線となる可能性があるやもしれず、ですからねえ。
 たくさんの方の励ましに支えられ、頑張れる毎日です。
いつもありがとう。
【2006/07/13 21:15】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  山姥さま
 そーなんです、この仕事場で作った
初めての作品なんです。
まあ、この土の場合まだテストピースの域を出ませんが・・・。
遅々とした歩みですが、一歩ずつ進みます。
いつも見守ってくださり、ありがとうございます。
【2006/07/13 21:24】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

感覚として手に馴染んでいるものが、こういうかっこいいものを
作れるのって、ステキですねー。
そこに辿り着くまでも、たくさんの山あり谷ありだったと思いますが、
長柄の山の中でもそれが続いていくんですね。。。
少しは涼しくなる夜に、あのランプの下で、ひんやりした粘土を
こねてる山坊主さんの姿が、なーんだか、ほほ笑ましいです。
今度、こっそりのぞかせて下さいね~
【2006/07/14 10:56】 URL | あまとと #FqTu9.sQ [ 編集]

あまととさま
 そうですねー。
自分でいうのはおこがましいけど、紡いでいるんですね、一本の糸を。
ネタ切れが近いせいで、何となく写真を載せましたけど、ありゃあモノとしてはヒドイ出来ですよ。
あれが今の僕の実力なんだけど、ね。
 こっそり、でなくお越しくださいよ。いつでも。
【2006/07/14 23:54】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/45-7fee7b65