プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



なんだ、これ

       柔らかい素


DSC02806.jpg
 
 衛星写真の様にも見える?これは先日から乾燥させていた
長柄産粘土のその後です。
水分を多く含んでいた泥状の粘土を植木鉢に盛り、陰干しさせ
余計な水分を蒸発させた後に手で揉んだものの拡大写真なんです。


DSC02803.jpg


 これがいわゆる菊練(きくねり)をしている途中の状態。
両手を使い、上体の重みを利用して粘土に圧を掛けながら
中に入り込んだ空気を押し出すんです。
紋状のヒダは右手の手のひらで押し込む際に出来てゆくのですが、
この文様が菊の花に見える事から菊練と呼ばれています。

 ここまで練ってみて感じたのは、想像以上に粘りが強く手触りも
良いので、結構おもしろい使い方が出来るかも?と言う事です。
土の質感がとても好いので、これを損なわずに上手く活かせれば
土の息吹を感じる器を造れるかも知れません。
やはり見た目だけで評価するのでなく、この手を通した触覚を大切にしないといけないなぁ、と改めて感じました。


DSC02807.jpg

 菊練の最終形。
力の入れ具合を弱めながら、少しづつまとめ込んでゆきます。
やきものの世界では、土揉み3年、と言われています。
それ程会得に時間が掛かると言われるこの菊練。
 僕にとっては実に4年ぶりの菊練でしたが、身体に染み込んだ技は
色褪せずにこの身へ宿っていてくれました。
練るまではとても不安だったんですよ、まだ練れるかなーって・・・


 よかった、よかった。







この記事に対するコメント
待ってました! という感じです。長柄産の粘土で良い陶器ができたら何よりですね。
【2006/07/10 09:48】 URL | 山姥 #- [ 編集]

どんなものが出来るか、今から楽しみですね。
【2006/07/10 18:45】 URL | Yukitake #- [ 編集]

  山姥さま
 待たせましたっ、と言う感じです。
でも一番心待ちにしていたのは、両親かもしれないですね。
足取りの遅さを非難せずに見守っていてくれる
ありがたい存在です。
皆さんの期待に応えらるよう、自分なりにがんばりまーす。
【2006/07/10 23:25】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  yukitakeさま
 そうですね、僕自身も楽しみです。
イメージするものと、実際の技量との埋めないといけないギャップが大きいことも事実ですが・・・
 やるからには、自分らしく楽しみながらがんばりまっす。
【2006/07/10 23:32】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/42-40b73a9e