プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



夜な夜な

       家に居ながらにして


 DSC02746.jpg
 道路を隔てたお向かいに、千葉市立少年自然の家があります。
かなーり広い敷地に数々の設備が整っていて、
日々小学生の声で賑わっています。昼ののどかな風景にすっ、と同化出来る子供達はグループに分かれ思い思いに遊びまわっている様が笑い声を通して伝わってきます。
 夜のとばりが降り始めると、さあ、待ちに待ったキャンプファイヤーの始まり始まり。
写真のフェンスの先に平坦地があり、そこで火を囲む子供達の輪。
多い時には3つの団体が同時にそこここで歓声をあげます。
合唱に始まり、ダンス、ゲーム、暴露大会、時には告白大会なんぞもやっています。
 最初の頃は、最近の小学生なんて妙に冷めているんだから盛り上がりっこないじゃん!。そんな偏見を持っていた自分は偏見もろともぶっ飛ばされました。
実に楽しそうに歌い踊り、はしゃぎ、笑いの絶えない時間が流れます。
冷めている?この偏見がどう自分に根付いたのか分からずじまいですが、とんでもない間違いでした。
キャンプファイヤーを楽しむ術を僕の時代より数段知っているように感じます。


 そんな様子がビシバシ伝わる位の距離に我が家があります。
けれどもウルサイ!とかやかましい!と感じたことが1度もないんですね。
山の起伏に音が反響しながら雑音だけを山が吸い取ってくれている様な、そんな感じです。
それと何より子供達の楽しげな声ってこちらを安心させる効果があるようです。これからの夏休みシーズンはほぼ毎晩それを聞けるのかと思うと、
今から楽しみです。
 

 



この記事に対するコメント
あべさんより教えてもらい覗きに来ました!
静かな山の生活が垣間見えてステキですね。

海の暮らしもこれからが旬です!今朝早速地引網漁のアジいただきましたよ。
【2006/07/01 12:35】 URL | 武田まゆみ #FvLIUmYM [ 編集]



 遊びをせんとや生れけむ
 戯れせんとや生れけむ
  
 遊ぶ子供の声きけば 
 我が身さえこそ動(ゆる)がるれ
                   <梁塵秘抄>

昔のひとも、こう言っています。
ほんとに、子供の声は、いいですね。
 


【2006/07/01 16:33】 URL | ヤマンバ #- [ 編集]

  まゆみさま
 ようこそいらっしゃいました。
お蔭様で山の生活を両親共々楽しんでいます。
賑わう海の季節到来。たまには山を抜け出し
そちらまで遊びに行きたいものです。
 取れたてのアジ、サイコーですね。
【2006/07/01 21:29】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  ヤマンバさま
 遊びをせんとやうまれけむ・・・
ほんとそうなんでしょうね。
モノを造る人間はその遊びを大切にしないとな、
と言った大家がいます。
遊び、まことに定義しずらい言葉ですけど、自分もその遊びをコヤシに出来るような人間になりたいと思います。
【2006/07/01 21:38】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/01 22:25】 | # [ 編集]

キャンプファイヤー、今の子供たちも楽しめるんですね。。。
ゲームボーイやDS持参で集まってたらどうしよう?とか
考えていましたが、いらぬ心配でしたね。

そういえば、2週間くらい前、大原まで友だち親子と釣りに
行きました。釣果はゼロでしたが、シマフグのちっこいのを
小5の子供と共同戦線ですくいあげました。。。
(全長5cmくらいのチビフグでもピンポン玉サイズにぷくーって
 なったときは、2人して腹抱えて笑い転げました。。。)
普段はDSにがぶりついてるコドモでしたが、
目一杯楽しんでくれていましたね。

今もむかしも、「最近のワケーモンは。。」なーんて話題を
聞きますが、同じ視点で向き合ってみると、
共有できる楽しさとか、たくさんあるんでしょうね。。。

山坊主さんの近所ならではの長柄の風景ですね。
ムフフフ。。。 楽しそうです~♪
【2006/07/02 21:46】 URL | あまとと #FqTu9.sQ [ 編集]

 あまととさま
 そーそー、まさに今時のガキどもはよー的な想像でしかなかったんだけど、これって「私はオヤジになりました」って手を挙げて宣言している事と同じだと反省しちょります。
こんなんでは貧富の格差同様、世代間格差を増長させてしまいます。
あまととさんの言われる「共有」しているもの、ことをキーマンに据えて触れ合うことが大切なんだなと認識しました。どうもありがとうごじゃいます。
【2006/07/02 22:50】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/34-d59b0c7e