プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほんわかと・・・

       いろづく山

 時間に追われるように過ごすこの数ヶ月。
足元の山でさへろくすっぽ見つめないまま、暮らしてきました。
もったいない!ほんともったいない。ここで暮らすことで与えられる恵みを授からないまま、時が過ぎ行きました。
裡なる感覚をどこかに置き忘れてきたような・・・。
それを取り返す術はないのだろうけど、せめて自分の体内時計をリセットしてみよう。
 陽なる山の気配に誘われて、山をぶらぶらしてみたら儚くも美しい桜に負けず劣らぬモノたちがここそこに点在していることを再認識。
劇的に変わり行く山の変化に改めて感動!です。

DSC05674.jpg


 黒モジのピシッと延びる枝の先端に打ち上げ花火。
背景には年々増殖してゆく地べたに咲く桜、芝桜。

DSC05673.jpg

 一枝に異なる2色が寄り添う源平桃。
どちらが源氏でどちらが平家?

DSC05671.jpg

 誰が名づけたガマズミと・・・・・。
もぉちょい可憐な名前がよいのでは。

DSC05666.jpg


 いわずもがななるクリスマスローズ。

DSC05668.jpg

 一面褐色だった盤が勢い豊かな緑に侵食されつつある。まるで旗色悪い軍が逆襲するように・・・そう、オセロ盤のごとく・・・。

DSC05681.jpg
 
 山が変化を進めるなか、こちらも。
空洞だった窯の中が次第に作品で埋められてゆく。
詰まれる作品の数が増え、密度が高くなるほどにテンションが上がってゆくのを自覚する昨今です。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/317-3a254929



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。