プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その後

       台風一過。


 山に深く根付く樹の数々が、昨晩の猛烈な風によって幹半ばで多数折られていました。コナラ、クヌギ、ミズキらの落葉樹に被害が多く出ました。針葉樹に比べ頑強な根を広範囲に伸ばす広葉樹ですから、風による倒木はないだろうと思ってはいたものの・・・
陽が高くなった午後、山を一周し被害の全容を目にした時今回の台風9号は風台風だったと改めて感じました。

DSC05123.jpg

 窯場上のミズキの一番太い枝が裂け落とされていました。

DSC05124.jpg

 家と窯場の間にそびえ立つ樹高15mを越えるコナラは幹をへし折られ
宙ぶらりん状態。

DSC05122.jpg

 成長が山一番早いミモザは支柱ごとひき抜かれ根が浮いています。

DSC05126.jpg

 毎台風ごとに倒木する敷地隣の杉林からは今回3本の杉が
寝ころがされています。その他ざっと見える限りでは10数本幹半ばでへし折られているのを確認、手入れのされていない杉が風にめっぽう弱いということを如実に露呈している様は、日本の森林が抱える諸問題の縮図を観る様でなんだかモノ悲しいです。

 この台風一過の後始末をしながら感じたことは、
へし折られた枝や幹というのは弱きものだということで淘汰されたモノなんだ、残ったものが強者で折れたものが弱者なんだということ。
自然界ではごくごく普通に行われる営みの一部に過ぎないということ。
この樹の、この樹形好きだな!なんていうこちらの想いや感傷などなんの意味もないということ。
耐えて存続するか、敗れて朽ちるか。
ただそれだけのことなんだ、そんなことを感じました。
 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/298-6bd2cdd4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。