プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山の

       哲学者


 玄関の横にミズキの丸太を横たえています。
切り倒したままベンチとして利用しているんですが、
昨朝その丸太ベンチに、どこからか降ってきた枝らしきものが乗っているのを見るともなくみていました。
しばらく後、日課としている「ボンヤリベンチに座る」をしにいくと
当然のことながら、枝らしきものはそのままの状態。
何となくそれを摘まもうとした指先の動きが止まりました。

DSC05085.jpg

 あ、ナナフシだ、でけーなぁ。
手足をピン!と延ばしたらゆうに30cmはありそうです。
名の通り節が7つなのかと、ひいふうみぃ・・・11節もあるじゃん。

DSC05089.jpg

 はじめてしげしげ観察しましたけど、けっこうつぶらな瞳。
長い手足に比べて極端に短い触角。
ナマケモノより緩慢な動き。
存在そのものがふしぎな感じ。
何を考えて生きているんだろ~か、なんて意味なくつぶやきながら
でも、なんか隣に座っていると妙に語りかけたくなる相手。
動かざる、つぶらな瞳の哲学者がそこにいるようで。



 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/295-cc0acc26



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。