プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


100年前は

       5年に一日


 何の事でしょう。
そーなんです、連日続くこの暑さ、気温のデータの話です。
某国営放送局の気象予報士の話では、35℃を超える温度の観測は
100年前には5年にたった一日しかなかったそうな。
それが今夏では・・・・・。
こんな話をすると昼の暑さが蒸し返されそうなので、ほどほどに。

 ちなみに最近とみに耳にする「猛暑日」という言葉。
気象の世界では今年の4月から正式に使われ出したのだとか。
使われ出してからまだ日が浅いのに、認知度はえらく高いですよねぇ。
こんだけ連日「猛暑日」が列島を襲うと常套句になるのは当たり前ですけど、出来れば来夏は聞きたくな~い。
ほどほどの日照り「真夏日」が懐かしく想われます。
 そんな折、年配の友人との会話で「平均気温が5℃も10℃も一気に上がるわけじゃないでしょう。人間は順応してゆくものよ」そーかも知れませんがねぇ。40℃超えなんて日が来る日もそう遠くないかも。。。
確かに順応してゆく生きものなんでしょうが・・・そんな温度に順応はしたくねぇなぁ。
 何はともあれ皆様、厳しき残暑お見舞い申し上げます。
どうぞ御自愛くださいますように。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/292-5d1f1003



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。