プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうだ!

       奇跡は起きぬ


 敷地の東端、法面下に立つミズキ、ホウの木2本が土地の造成後
春になっても萌芽おろか葉も付けぬようになりました。
平坦地欲しさに無理な造成をしたため、根の活動を止めてしまうほどに
痛手を与えてしまいました。
ホウの木は一度奇跡的に葉を出したのですが・・・、その葉が散って以降またダンマリを続けて現在に至ります。
 
 葉を付けずに3春を迎えた今、決断をくだす時が来たようです。
奇跡を願い、伐倒を引き伸ばして来ましたがミズキは樹皮が剥がれ落ち
再生は不可能のようです。
張り出した枝が公道に覆いかぶさっていて、いつ枯れ死んだ枝が道に落ちても不思議ではないので、近々切り倒すことに決めました。
台風がやってくる前に済まさねばなるまいのぉ。
造成前、鬱蒼とそびえ立つ雰囲気がたまらなく好きだったこのミズキ。
景観上のためにも、夏の強烈な朝日の遮蔽のためにもどうしてもそこに立ち続けていて欲しかったのに・・・天に唾とはこういうことを言うのでしょう。ほんとバカでした。

DSC04963.jpg

 この2本の樹の足元には自生のねむの木が5本、背丈50センチ程に育っています。成長の早いねむの木と言えども電線の高さに届くまでには10年ほど待たなくてはならないでしょう。
自業自得なのでおとなしく待ち続けますが
、ほんっとにバカだのう僕は。




この記事に対するコメント
人手が必要だったら声をかけてくれい。
切った木をくれ!なんて言わないから安心せよ
【2007/06/25 15:20】 URL | たきちゃん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/25 15:22】 | # [ 編集]

たきちゃんさま
 もう切っちゃった。ありがとね~。
【2007/06/26 23:56】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

先日、「北海道から移っていらっしゃったN夫人」にご紹介いただき、このたび、Nご夫妻のお隣に引越しすることとなりました。

千葉で田舎探しをしてまいりましたが、「山坊主」様のブログも以前から拝見させていただいて、六地蔵周辺の物件も何度か訪れ、良いところだなーと思っていました。

よろしければ、何卒ご指導のほどお願い申し上げます。
【2007/06/30 23:03】 URL | なんという花 #Zu6GYWc2 [ 編集]

  なんという花さま
 ようこそ長柄、ようこそ六地蔵へいらっしゃいました。嬉しいです、お仲間が増えるのは。
御指導!なんてとんでもないです。
お力になれそうなことがあれば、喜んでお手伝いさせてもらいまっす。
 御近所の皆さんもきっと温かく見守ってくださることでしょう。
【2007/07/02 00:24】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/280-3af283f2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。