プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


焼け模様

       記録


 すっかり更新の頻度が落ちました。
窯出し後、嵐のように過ぎ行く日々に埋もれていました。
その間の記憶が自分の中で風化しないうちに、初窯の焼け模様を
記録として残しておかなきゃ!ということでたくさんの画像を羅列してゆきます。

DSC04856.jpg 
 花器「包む」

DSC04853.jpg

 急須・湯呑み

DSC04854.jpg

 掛花

DSC04860.jpg

 型酒器・型ぐい呑

DSC04862.jpg

 徳利・ぐい呑

DSC04863.jpg

 花器「懐古」

DSC04866.jpg

 花器「創世」

DSC04871.jpg

 花器「創世」

DSC04873.jpg

 窯変(ようへん)徳利・ぐい呑

DSC04876.jpg

 窯変徳利・ぐい呑

DSC04878.jpg

 窯変面取花入

DSC04829.jpg 

 手付花生2種

 これら作品の焼け具合をベースにして、次回の窯ではどのような粘土を用いて造り、それを窯のどこに詰めるのかを探ってゆきます。
また、窯焚きにおける各段階での組み立てのための貴重な資料でもあるこれらの作品は、僕の礎となってゆくと思われます。
 



この記事に対するコメント
味わい深い作品がたくさん♪
窯変面取花入は色もきれいだし炎が降りかかった
様子が目にみえるようでステキです。
実際に見てみたいなぁ(^^)

次回の焼成に向けてまた始まったのですね。
ガンバッテください♪
【2007/05/18 13:10】 URL | fuuuu #pJwfKlE. [ 編集]

fuuuuさま
 いつも応援ありがとうございます。
今回はコロガシ(床に寝せる)がそこそこよかったのかなぁ・・・という感じです。
面取花入も造りの悪さを焼けでカバーしてもろーたってとこでしょうか。そのうちうっくりいらして下さいませよ。
【2007/05/19 23:48】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

先日は、「あれ」をいただき、ありがとう御座いました!
【2007/05/20 21:29】 URL | ちび棟梁 #- [ 編集]

実物を手にとって見せていただきたいです・・・
窯だしお疲れ様でした。ホッと一息ですね。
次回上京の際はまた伺わせていただきます。
【2007/05/22 06:03】 URL | kiki #- [ 編集]

ちび棟梁さま
 こちらこそ、お出で頂きありがとうございました。なにかとバタバタしていた時で、ゆっくり応対出来ずごめんなさいね。
また、いらしてくらはいな。
【2007/05/24 01:59】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  kikiさま
 手にとって・・・、是非そうしてやってください。
質感はナマでないと伝わりにくいと思いますので。一つ一つ触感、色合いが違いますからね。
次回といわずいつでもいらしてください、お待ちしておりますよ。
【2007/05/24 02:03】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

また、いけるとき行きます!
【2007/05/24 17:23】 URL | ちび棟梁 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/275-35d01862



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。