プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


展示販売

       一区切りいたしました。


 ご案内していた、六地蔵窯における初窯出しの展示販売は昨日(13日)無事に最終日を迎えることが出来ました。
お越しくださった多くの方々へ厚く御礼申し上げます。
遠方よりお出でくださった方、何度もお運びくださった方、懐かしい再会を創り出してくださった方、広く宣伝に奔走してくださった方、DMを置いてくださったお店の方、裏方として手伝ってくださった方等々。多くの方々に御支援頂きましたこと、誠にありがとう存じます。
 期間中通して、浮き足立った自分ゆえ至らぬところばかりで失礼いたしました。次回への宿題が山盛り状態ですが、自分なりに消化して次へと繋げてゆきたいと想っております。

 幸いにして、会期中好天に恵まれ新緑溢れる山の景色を愛でて頂けたのではないかと、それだけが救いではなかったかと思っております。多くのお心遣いを、多くの方から頂きましたこと重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございます。
この先の予定としては、諸々の後始末をした後6月中旬から次回の土造りを開始し、順次作品を造ってゆくことになりそうです。
陶房内の展示室にて、引き続き作品を展示し販売をしますが多々留守にする日も出てきそうなので、来てくださる予定にされている場合はお手数ですが、前もって御連絡頂ければ出来うる限り対応いたすつもりです。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 



この記事に対するコメント
安田様
昨日、吉田さんと一緒にお伺いしました小林でございます。
初釜、お疲れ様でした。
過酷な環境で世に出た「一輪挿し」は、早速富士山の見える西側の出窓に飾りしまた。
以前からそこに在るがごとく、鎮座している姿に静かな感動を覚えました。
次回も楽しみにしています。
奥様・ご両親様に宜しくお伝えください。
【2007/05/14 12:56】 URL | 小林直子 #- [ 編集]

小林直子さま
 遠方からのお越し、誠にありがとう存じました。
お会いできて嬉しかったです。
「以前から・・・在るがごとく」嬉しいお言葉です。
励みになります、ありがとうございます。
1歩1歩、ゆるりとした歩を進めてゆきますので、どうぞ御見守りくださいますようお願い申し上げます。いつでも遊びにいらしてください、お待ちしております。
【2007/05/16 01:56】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/274-b71276c7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。