プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スリーパーウッド

       かよわそう、に見える?
 
  僕の住む山に今一番多く自生する木は、太陽が沈む頃から葉を閉じ始めおやすみなさい状態になることが名の由来である、ねむの木です。
ここがまだ山だった頃2本のねむの木がありました。
その2本とも日の光を受ける為に、本来の樹形を崩してまで健気にただただ樹高を伸ばした姿で立っていたのを覚えています。
残念ながらどちらとも住居の予定地にあったので伐採してしまいました。
 その切り倒された時点でこの山のねむの木の植生足跡は途絶えたと、そう思っていました。
ところがどっこい、私達ねむの木連中はそんなにヤワじゃありませんよ、
と言わんばかりにここそこに姿を現し始めました。

DSC02697.jpg


 去年からその姿が目に留まりだし、今年の春からは更にその数を増やす一方で嬉しいやら、驚くやら・・・
繊細な葉が特徴的な木なので性質もやんわりおしとやか、なのかと
思い込んでいたのですが、この逞しい繁殖力と成長力の凄まじさ、良い意味で裏切られましたっ。
・・・・・人間にも同類項の方がおられますよね。


DSC02696.jpg


 これが去年から幹を伸ばす中の一番の成長頭で、丈1m20cm 幅2mあります。低い位置で枝を分けるこの樹形が本来の姿で、大きくなるにつれ夏に爽やかな木陰を与えてくれるありがたい木です。
 根の形状がごぼうの様に下へ一本だけ伸びてゆく為に、根に土が絡まず移植が難しいとは思いますがもしご希望の方がおられれば、スコップ持参で掘りにおいで下さい。
 ちなみに、成木は高さ10m 幅12m位にはなると思います。
ここまで書いて来て頭をよぎったことがあります。
後1,2週間で開花になるねむの木は、花の姿が・・・。
幹や枝とのバランスを一切無視しているかのような、あの自己主張の強い花姿。  そうだ、それこそがねむの木の本性だろう、と。





この記事に対するコメント
ねむの木…私、その木大好きなんですよねー‥。あのお正月の飾りものに出てくるような独特の形をした花姿が面白くて大好きです(^-^)


牧場にも馬場にあるのでよくその花を見ながら仕事したりしてますよ。そういえばもうそろそろ咲き始める頃ですね。楽しみです。
【2006/06/23 04:02】 URL | 泰峰 #- [ 編集]

泰峰さま
わかります、わかります。
今度こちらにいらしたら、高さ10cm位の物を持って帰りますか?まだ花は咲かせないでしょうが、可愛らしいですよ。どうぞお1つyour roomへ。
【2006/06/24 00:26】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

ねむの木欲しいっす!
大きいのはまだありますかな~
明日午後にでもいただきに参上していいかなっ?

初書き込みでした
【2006/06/24 22:18】 URL | たきちゃん #X5MGP6uo [ 編集]

たきちゃんさま
ようこそおいで下さいました。
明日の午後は山にいますのでいつでもどうぞ!
大きいのはないのだけど50cm高クラスは何本かありますよ。お好きなものをどうぞ。
【2006/06/24 23:04】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/26-c286b003