プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェルノブイリ

       原発事故


 20年前。
現ウクライナで起きた原子力発電所事故。
発電所から3.5kmしか離れていない村で被曝した当時6歳の少女が
美しかった故郷や同じ境遇の人々を想い、偲び、そして支えるために
この日本で音楽活動を続けています。

 NHKラジオのラジオ深夜便にて流れる歌声に思わず手を止めました。
声の主はナターシャ・グジーさん。
声が綺麗とか歌が上手いとかいう評価価値がぶっ飛ぶほどの歌をうたう人です。
7年前から日本を拠点にして活動している女性で、チェルノブイリの悲惨な様を、世界で唯一の被爆国である日本で人々に伝えようと日本語を学び、日夜コンサートを開き同郷の人々を支えています。

 流れてきた日本の唱歌「ふるさと」を、目を閉じ聴いていると・・・映像や写真でしか見ていないはずのチェルノブイリが、美しかった事故前の村の姿や人々の生活を直にこの眼で見た光景のように瞼へ映りこんできます。
まるで、自分がそこで生活していた1村人であったかのような錯覚を起こすほど鮮明な光景が目に浮かんだのです。
 こんなこと初めての体験です。
日本の唄をウクライナ人が日本語で唄い、日本人の僕が遠いウクライナの風景をこの眼に浮かべる・・・・・考えるまでもなく、ヘンなのですが。
歌と歌声、そして強いつよい想いが何かの力で融合するとこれほどの
身に迫る擬似体験を人にもたらす!ということが起こりえるのでしょうか。
彼女のH.P、よかったら訪ねてみてください。
そして機会があれば彼女の話、そして歌声に耳を傾けてみて欲しいです。
http://www.office-zirka.com/

 


 



この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/30 17:54】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/229-fd69c566



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。