プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



やきもの道具

     木の道具、鉄の道具


 今日はやきもの作成を効率良く推し進めてくれる、言わば縁の下の力持ちである道具達を紹介します。
まず亀板、差し板。
写真手前の円盤状の5枚、角を落とした8角形の3枚。
これらが亀板です。それぞれ盤の裏に下駄を履かしているのが見えますか? ロクロの天板とこの下駄の間に接着剤代わりの粘土を挿みこみ、お互いをしっかり固定させます。


DSC02681.jpg


 ロクロ天板は取り外しが出来ないので、この亀板が簡単に取れたり又付け直したり出来る,仮の天板という訳です。
何を作るかで使う粘土の重さや、器の底面の径が変わりますから幾種類か大きさの異なる亀板を作ると便利なんです。成形後、下駄で浮いた隙間に棒を差し込み、てこの原理で棒を上げると亀板が簡単に取れるんですね。   
ロクロで成形し終えたばかりの粘土はとても柔らかいので、それに触らずに移動出来ちゃう優れものです。
そして上の写真奥にある長方形の板に、亀板ごと置きます。
この板が差し板です。
 亀板を載るだけ載せた後、乾燥棚に差し板ごと移動。
こんな事を説明して何になるのかな?と思いながらここまで来ちゃいました。 つまらん文章だろうけど、まあいいや、行ってしまえー。


DSC02677.jpg


     これらは細 工用の道具達です。使用頻度の高い物を並べてみました。左側の2つ以外は木を削り、又は鉄を加工して作ったものです。
いずれも手に良く馴染んだものばかり・・・。
砧(きぬた)、張らしコテ、かきやぶり、押さえコテ、しゃもじ、削ぎノコ等を使い形を作り上げます。
実際に作陶生活に入ったら又詳しく紹介させてもらいましょうか。
 えっ、もういいって。
 




 






この記事に対するコメント
たいへん興味深いお話でした。
<道具たち>が窓のむこうに広がる緑に、似合っていて、仕事を待ってしずかに呼吸しているような・・・
【2006/06/17 07:48】 URL | ヤマンバ #- [ 編集]

山坊主さんの分身でもある道具に胸が熱くなります。亀板の亀は形から名前がついたのだと思いますが、一歩、一歩、ゆっくりと、確実に前に進む為に、いつも心身健やかでありますように。
【2006/06/17 10:15】 URL | 山姥 #- [ 編集]

想像以上に、様々な道具を使うんですね。台所用品を見ていて、あ、これ便利そう!と、つい買ってしまうのは違って自分で必要なものを自分で作る。ひとつの作品が出来るまでにも、ひとつひとつの道具にも物語もあるのですね。ついつい作品のことばかりに、目がいきがちですが、それだけじゃないんだなと思い返しました
【2006/06/17 10:25】 URL | しその葉 #- [ 編集]

読んでいたら盛り上がってきました。
パンばかり焼いてないで土もいじろうかな。
亀板はたくさんお持ちですが、みんな手作りですか?
私のろくろ、直径35cmですが、売っている亀板って30cmがほとんど・・・というか、35cmは見ないんですけど・・・。
私は陶芸道具のほとんどをインターネット通販で購入しています。どこかご存知ですか?
自分で作ってみようかとも思ってます。
ついに木工も始める・・・かな(^^;
今度教えてくださいm(--)m
【2006/06/17 12:04】 URL | fuuuu #pJwfKlE. [ 編集]

 ヤマンバさま
そうです。ちょっと待ちくたびれた顔をしてるでしょ、みんな。
【2006/06/17 21:39】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

 山姥さま
そう、特に心が乱れまくる時が多いので、健やかでありたいと願うのですがなかなかねぇ・・・
 亀板は山姥さまの想像された通り、形にちなんでだと思われます。本物同様動きは鈍くとも、息を切らさずようく働く信頼できるやつなんです。
【2006/06/17 21:53】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

 しその葉さま。
 物語・・・そう言われてみるとそんな一面があるやもしれず・・・。 便利そうだな、という発想はしその葉さんと同じです。その便利そうなものが売り場にあるかないか、の違いだけです。
 作るといっても既存の木や鉄に少し手を加えるだけですからねえ。
【2006/06/17 22:11】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  fuuuuさま
 そうですか、作りますか。買うのはもったいないです。亀板作りの道具、材料はうちにあるので一緒に作りましょう。実は僕も作り足すつもりでいたので、都合の良いときを知らせてください。
 道具屋さんも紹介しますよー。
【2006/06/17 22:25】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

今晩は(^-^)もしかしてこの管理人さんて…?うちの実家のご近所さん???


間違ってたらすいませんです。
【2006/06/17 23:44】 URL | 泰峰 #- [ 編集]

釜、出来上がったのですね。まだ始動とまでは行ってないようですが、焦らず一歩ずつですね。ヤマンバさんや山姥さまにも宜しくです(^-^) ではまた遊びに来ますね(^-^)
【2006/06/18 00:32】 URL | 泰峰 #- [ 編集]

泰峰さま
そうです。そうなんです。お久しぶりです。
訪ねてくださってありがとう。
まだまだ時間がかかりそうですが、泰峰さんの言われる通りほふく前進で進むつもりですー。
そのうちまたお会いしたいですね。
【2006/06/18 02:25】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

いえいえ、こちらこそ訪ねて来てくださってありがとうございます。同じFC2の管理人で足跡が残っていたので、辿ってみたら、知ってる地名だったのでもしかしたらと思ってました。心穏やかな山坊主さんの事、きっと素敵な作品が出来そうですね。


今日は曇りですねえ…そちらは曇りでも気持ち良さそうと察します。


六地蔵の気候に癒されて今日も頑張って下さいね。では
【2006/06/18 05:19】 URL | 泰峰 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/18 11:51】 | # [ 編集]

わーい!亀板作りたいです。
また、近いうち?伺いたいと思いますので
よろしくお願いします。連絡しますね。
道具屋さんも教えてくださいm(--)m
【2006/06/19 09:28】 URL | fuuuu #pJwfKlE. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/20-d586d564