プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



これが

       アタシのいきる道


 やきもの修行時代になんやかんや大変お世話になっていた方が
岡山から遠方はるばる山に来て下さいました。
どんな環境に身を置いてやきもの屋生活を送ろうとしているのか
この目で見ておきたいからね!そう仰ってくれます。ありがたいお気持ちです。

 久しぶりに岡山・備前のやきもの事情をナマで聞くことが出来ました。
窯業地を離れポツネンと居を構えていると、時折本場のやきもの談議に
参加したい気持ちが膨れ上がることがあります。
共通項を持ち合わせた者同士のみが交わせる会話、話題が恋しいのかもしれません。といってもバカ話が大半ですが・・・
 いろんな話をする中で、窯業地ではないこの千葉でどうしたら
頭角を現すことが出来るのだろうか?という難題に、共に頭をひねって
考えてくれ、いろいろなヒントを与えてくれました。
窯業地にあっても廃業に追い込まれる軒は多い現状ですが、同時に潤っている軒が多いのもまた事実。巷で言われる勝ち組、負け組がはっきり
区分けされているようです。
勝ち組を目指す!とかそういうことではなく、自分の描くやきもの屋生活を現実のものとするためには目標設定をどこに置くのかが大事なことです。

 目まぐるしく変わりゆく時代の趨勢を客観視する力、
人々の需要を読み解く力。これらは最低限備えなくてはいけないようです。とはいっても外的要因の変動の波に呑まれて、迎合を繰り返す生き方はしたくない。変なプライドなのでしょうがこれは譲れない。
そんなせめぎあいを一生続けてゆくのかも知れません。
 話の結論なんてものは出るはずないのですが、あーだこーだ言い合う
ことでほんといろんな刺激や実現可能なことの糸口を感じ取ることが出来ました。お蔭様です、どうもありがとうございました。

 まだまだ先のことでしょうが、「これがアタシのいきる道」なんて
口ずさみながらロクロを廻していたいものです。

DSC03881.jpg 



この記事に対するコメント
迎合。。。

大丈夫ッスよ。
山坊主さんの辞書にない言葉を
ムリに引っ張り出さないでいいですからね~(笑)

自己中、テングはいただけないとは思うけど、
寄り道、迷い道もありつつ、その時その時に
感じるモノを追求できれば、評価や結果は
ついてくる・・・と思います。

食い扶持分の評価は確保したい・・・
って雑念もありありな自分が、チトくやしいッス。
【2006/11/22 02:08】 URL | あまとと #FqTu9.sQ [ 編集]

みなさん風邪はもう大丈夫ですか。大変でしたね。陶芸家の山坊主さんの実力のほどは分かっているつもりで楽しみにしています。ところで、常滑焼の小西洋平さんという人ご存知ですか。私の従弟が和食のお店をやっていますが、趣味でその小西さんの指導で焼き物をやっていました。時間のある時に行って教わるそうですが6年ほどになるそうです。「路山人を目指すの? 」と聞くと「まあね」と笑っていましたが、素人が趣味でここまでの物を焼くのでは・・・と思い、趣味だから気ままに好きなだけ遊び心でできるという事がありますね。とにかくやっぱりお仕事としてやって行くには一番も二番も健康ですよね。睡眠不足にならないよう気をつけて下さいね。
【2006/11/22 10:45】 URL | 山姥 #- [ 編集]

  あまととさま
 そのうち硬い頭がこなれてきて、迎合しまくりになっていたりして。こわ~。
雑念、おおいに結構だと感じます。自分が思うほど雑念ではない場合が多いですけどね。
お互いがんばってゆきまっしょい。
【2006/11/23 00:14】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

  山姥さま
 ご心配お掛けいたしました。
お蔭様で皆すっかり回復しました。
 小西洋平さん、お名前だけは存じております。
以前常滑に行った時にギャラリーで彼の作品を見た覚えがあります。そうですか、それはよい作品を造られるのでしょうね。料理人が造る器はやはり、違うモノであろうと想像します。
僕も勉強しなくちゃ!
 山姥さんもどうぞご自愛くださいませ。
【2006/11/23 00:24】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/177-68e97454