プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



とびきりの

       おまけ


 昨日運んだ松の古梁材に、歴史を感じさせるモノがくっついて来ました。打ち込まれたままの和釘です。

DSC03787.jpg

 1本だけでも手に入れたいなぁ、という以前からの願いが
ひょんな成り行きで叶ってしまいました。
和釘の周りを慎重に掘り下げて、最後はテコの原理でやんわり掬い上げ
無事摘出成功です。

DSC03794.jpg


 長さ135mm。
替折釘(かいおれくぎ)という名称だそうです。
途中から湾曲していますが、それさえも美しいと感じます。

DSC03791.jpg

 和釘とは明治時代の中頃まで建築物に高い頻度で使用されていた
日本独自の鉄製の釘です。江戸時代の初期までは鍛冶屋が
1本1本鍛え叩き打ち出していたらしいのですが、それ以降は需要の高まりに生産が間に合わず鋳物製法へと変わっていったそうな。
明治に入り洋釘が出回り、和釘の生産は衰退していった経緯があるそうです。
 我が手元に巡り来た和釘は建築物の年齢から推測するに
和釘が衰退してゆく最中に鋳物製法で造られた代物ではないかと、
つらつら思いを巡らしています。

 よくぞ、この手にたどり着いてくれたものだ。

DSC03790.jpg



 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/161-33d888d0