プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



意味不明

       連れ合い


 植物、動物問わず群れを成して生きるモノが多いように思います。
どうして群生するのかは、それぞれの事情があるのでしょうが・・・

DSC03468.jpg       


 砕石を下地にして群れるキノコ一家。
少し先にいけば生えるのに相応しい、フカフカの土の床があるのに。

DSC03466.jpg


 腐葉土に腰を落ち着かせた、ごま塩ホワイトマッシュルーム?一族。
広い場所でそんなに密着しなくても・・・


DSC03505.jpg

 陽の光を吸い寄せて生きる西洋アサガオふたり。
少し貧血気味?


DSC03503.jpg 


 こちらは日焼けを避ける西洋アサガオふたり。
美白が命。


DSC03526.jpg

 縁側で日向ぼっこするご夫婦に送る、一服セット。

 何を言いたかったんだっけ?




この記事に対するコメント
一服セット。麗しきカーブ。絶妙ですね。あたたかい。作家が息づいています。
【2006/10/20 17:09】 URL | ヤマンバ #- [ 編集]

ヤマンバさま
 息付いておりますか。
ありがたいです、そう感じてもらえると。
実はこの一服セット、T&Y夫妻を連想して名づけました。嘘のよーなほんとのはなし。
【2006/10/20 21:51】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/145-b5f999ff