プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



思い知ったか!

       身の丈


 かっこつけてよい事いってみても
造ったものがおまえの全てを露呈するものだよ。

 やきものの弟子の頃、親身に指導してくれたある先輩陶工に言われた言葉。
その言葉の表面的な意味合いは理解出来たものの、心のどこかで
そうとばかりはいえねーだろー!という声がしたのを覚えています。
今は何もかも下手なことは認めるにしても、
練習を重ねればそこそこよいものを造れるはずだ!という
根拠はないけれど、何か変な自信が体のどこかに存在していました。

 今にして想えば、その言葉の表面的な意味合いすら間違った
理解の仕方をしていたんだと感じます。
継続してゆければ、技術が高くなっていくことは確かでしょう。
けれど、肝心なのは技術云々ではないのでは?
もちろん技術も大切でしょうし、精神性をも求めたりしますが
先輩陶工が伝えたかった事とは、造り手の人間が日常をどう過ごし、何を感じ考え、ものにどう向き合っているのかが如実に作品へ顕れるのだからお前の場合、やきもの技術よりも先にやるべきものは人間性を磨くことじゃあないのかい!という事だったのではないのかなぁ、
なんて想うのです、今頃になって。

 今も当時と変わらず、いいかっこしいを続けている自分に嫌気を
覚えますがまだまだ自己成長の過渡期なんだ、と都合のよい
解釈をしている次第です。
自分の作品を造っている今、手先は土に触れ、頭は自分の過去現在未来のなんやかんやがグルグル巡っている感じがします。
自分賛歌を高らかに謳い上げていると思えば、
えっ!あの一言はそーいう意味だったの?と気付いた瞬間自己嫌悪に
陥ったり・・・
 まあ何ともせわしく右往左往している頭の中です。
こんな事をつらつら想い返しながらモノ造りをしている人って
僕だけなのかなぁ。

DSC03405.jpg


DSC03421.jpg


 


 


 



この記事に対するコメント
ものづくりでなくても、どんな仕事でも、「露呈」ということばをいいかえれば、「己である」といえる仕事をしたいとおもいます。みるひとがみれば人間がみえてくるって、すごい一閃だとおもいませんか?
>造り手の人間が日常をどう過ごし、何を感じ考え、ものにどう向き合っているのか・・・
そのとうりだとおもいます。

どこかで読んだけれど、<ものをつくるひとが優れていれば優れているほど、高慢と劣等感の振幅がおおきい>とか。かっこつけてください。おちこんでください。

陶芸家というとある典型ってあるでしょう?
おっちゃんがあなたのこと「にこにこ陶芸家」といっていました。
とても楽しみに見守っています。


【2006/10/09 18:15】 URL | ヤマンバ #- [ 編集]

う~ん、いろいろ考えるのはいいけど、作品づくりをしている最中にも考えるのはいかんぞ!

答えは単純明快だ。
「心」で造るんです。

心ってどういうふうに?なんて考えずに
ただ、楽しんで土を操ればいいのだ。


そもそも、なぜ陶芸家の道に入ったの?
焼き物するのが大好きなんでしょ?

動機やキッカケなど、過去のことをいろいろ書き綴って見れば
おのずと何かが見えてくるのではないだろうか?

技術なんぞは、勝手にあとからついてくるもの。
人間性なんぞは、歳をとればそれだけ勝手に経験がついて磨かれるもの。
じたばたしても、その時その時、今は今のレベルの作品しか出来ない。
ゆっくり土をこねくり回し、時々自然の四季を六感で感じる。

そういう風においらは思う。
【2006/10/09 20:55】 URL | たきちゃん #SFo5/nok [ 編集]

ヤマンバ様
 一閃・・・そう感じます。見透かされる、とも言えるのでしょうが自己にとって恥なる部分のカケラを見出されることが耐え難かった以前に比して、
今では醜い自分をも裡で認めていることがせめてもの成長といえるかも知れません。
ありがたいお言葉、ほんと勇気を頂いております、ヤマンバさまにはいつもいつも。
どうもありがとうごじゃります。
顔で笑って、心でも笑う!顔で泣いて心でも泣く。己に素直になりたい。
【2006/10/09 21:52】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

   たきちゃんさま
 確立していますね、何事も。
心が揺れ動く中でじたばたする自分が面白かったり、情けなかったり、浮いたり沈んだり・・・
それが僕であり、また作品である。
こうなりたいという理想は僕にもあります。
それに向かってゆく気持ちを強く持つ。だからこそ一連のくだらなく、情けない赤裸々な己を晒すことをしている、といえます。
自己の足跡を文にして残す。
公開しているものにこーいった事を記すことで
あることを複雑にしたりしますけど、こうして
人の意見が聞けるのは貴重。
たきちゃんの言われることは、はっきり言って自分が足を踏み入れたい場所です。
僕の理想は複雑さを通り過ごした単純さ!
それを自分の裡に確立したい。
コメントが噛み合ってないかも・・・ごめんっす!
【2006/10/09 22:24】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/134-767f9caa