プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



仕事場のこと<2>

     昨日に続いて・・・・・


 今日はもう少し仕事場について話をしてゆきましょう。
下の写真が出入り口から見たものです。


 DSC02666.jpg


 昨日載せたものは角度が悪く、見づらかったと思うので撮り直しました
。作業台の左手がロクロ台で、その奥が作品の乾燥棚。
僕の定位置は蛍光灯の下がっている真下、後ろと左横に壁が迫っている狭い場所になります。ここに座ると落ちつくんですよ、これが。
ロクロに向かうより作業台にしがみつく時間の方が長くなりますから、居心地の良さを優先してここにした訳です。
 


DSC02670.jpg


 これはロクロ台です。今は塞がったままですがロクロに向かうときは、
取り外し式になっている蓋を取る仕組みになっています。
東南の方角に向いているので、真夏の朝日は強烈に差し込んでくる事でしょう。我慢出来なければブラインドカーテンを垂らそうかな・・・。
 今年の夏にはこのロクロ台や作業台を活用出来てればいいなあ



この記事に対するコメント
素適な仕事場ですね。ここからどんな作品がうまれるのか、無限の可能性があるのですから、楽しみです。山姥ってどのくらい生きられるのでしょうかね。それよりも尚後世に残る作品を、生み出してくださいね。
【2006/06/15 18:30】 URL | 山姥 #- [ 編集]

 山姥さま
この仕事場は使いこなして行ければ、もっともっと素敵に成長すると思います。なにせ、僕の大切な親友とつくり上げてきましたからね。
 少なくとも30年は生きてもらわなければなりませんよ、山姥さま。すこしマシな作品を造れるまでは見守って頂きます。
【2006/06/16 00:34】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/13-03966224