プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



思考回路

               主張


 お前は我が強過ぎだ!
以前よく自身に投げかけられた忠告の言葉です。
そう言われる度に
そうだよ、それが俺の持ち味なんだ!
なんて図々しく居直り強がっていた自分がいたっけなぁ。

 そんな自分は、時と場所を選ばずゴンゴン頭を至るところに打ち付けて
来た感があります。・・・必然でしょうが。

 自己を土に投影させなければいけない!
そんな脅迫観念が自分の裡にとぐろを巻いて居座っているみたい、
ふと、そう感じました。
自分は、自分は、と自分の存在を誇張して主張してきたからこそ
度々、我が強い!という言葉を投げかけられて来たんじゃないかと、
そうも感じました。

 全て自分の作品で窯を運営してゆく、ということ。
嬉しくもあり恐くもある、というのが本音です。
1つ1つの作品に、肩肘張って自己を投影させるのではなく
窯を焚き終え、その結果として作品全体に自己が顕れているのが
理想かも!

 つい先程までそんなことに思いを巡らし土を触っていました。

DSC03379.jpg

 ただ・・・・・そんな理想を言ってみたところで
おい、それ!と出来るはずないじゃんか。馬鹿だなぁ。
結局、元の木阿弥。




この記事に対するコメント
人間国宝といわれる人達も、同じ仕事を長く続けてきて、毎日の積み重ねで気がついたら人間国宝と言われるまでになっていたのではないでしょうか。健康でひとつの仕事に打ち込むことができれば、それが人間国宝への道かも知れません。心配も責任も勿論あるとは思いますが、喜び、楽しみの部分がそれを上回れば良いですね。走りだしたら消える心配もあると思います。今の気持ちが大事な「初心」になるのでしょうか。
【2006/10/02 13:51】 URL | 山姥 #- [ 編集]

山姥さま
 ありがとうございます。
そうですよね、励みのお言葉ありがたいです。
恥ずかしながら心の振幅を文章に綴っておくことで、お粗末なれど小さい自分史になればいいなと思いしたためている次第です。
 はしりだしたら・・・まさにそうなる事を望んでおります。未熟な自分をこれからも晒して行きますがどうぞ、お付き合いくだされませ。
【2006/10/02 22:11】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

山坊主様
何もないところから地球の資源をちょっと借りて何かを作りあげてゆく。こつこつとやっていたらいつのまにか形になっていく。それを見て満足する。即座に満足を求めるのではなくって。もちろんその過程にははつらいこともあって。
う~ん もの造りって深いですね。不思議と人柄って作品にでてるんですよね。
【2006/10/03 00:13】 URL | あに棟梁 #- [ 編集]

あに棟梁さま
 そっくりそのままあにさまにお返ししたい
お言葉です。同じ穴のムジナ、とでも言うのでしょうか。 
丁寧なる仕事を毎回拝見させてもらう度、
Y家皆さんのお人柄を仕事の中に見出せます。
縁あって知り合えたことをとても嬉しく感じます。
分野は違えど、お互い切磋琢磨できる存在にまで縁を育ててゆければなぁ、と思います。
 どでかい!もの造り、いつもほんとご苦労様です。
【2006/10/03 21:40】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/127-1ee046dc