プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ごめんよ

       後味わるい


 久しぶりの出稼ぎに行ってきました。
かなり長い期間通わせてもらっていた現場なので、
通い始めの頃から今までの季節のうつろいを感じることが出来ます。
普段見慣れた山風景を抜け出し田園風景へ、ちいさなちいさな旅
をした気分になります。

 のんびりした田んぼの中をこれまたのんびり車を走らせていると
3匹の沢蟹が道を横切っているのが見えました。
稲刈りを終えた田んぼからの引越しでしょうか?
体の大きさの違う3匹の蟹が一塊になってゆっくり横断している姿を
カメラに収めようと車を脇に停めました。
この通りはめったに車が行き交わないので、のんびり気分で
カメラを向けようとしたら・・・
 後方から4tダンプがやってきました。
蟹の位置と、車が通るであろう道筋を予測するとちょっとヤバイ感じの位置関係です。
とっさに手を挙げ停車を促しましたが、見事に無視され
速度を落とす事なく通過。
と同時にミシャ!という切ない音が3つ。

 4tダンプは後ろタイヤに片側2本を履いていますから
その分太いんです。1匹だけでも助かれ!と瞬間的に祈りましたが・・・
ダンプの運転手を責めることは出来ません。
何故って、自分の車を路肩に停めたばっかりに
それを避けようとしてダンプの通る道筋が変わったわけですから。
3匹の蟹に悪い事をしてしまいました。
 もっと悪い事に、潰れ出た蟹ミソを見て喉の奥の方が
確かに蟹ミソのあの味を思い出してしまっていたんです。
そんな自分を我ながら残酷な野郎だと感じました。
・・・・・・・でも、でも蟹ミソ!ありゃおいしいからなっ。
だからまあ、仕方ねーよ!ドンマイドンマイ!って言い訳にならない身勝手解釈をして責任逃れをしながら家路に向かいました。


DSC03370.jpg


 しばらくは3つの個体を見るたびに
あの蟹達を思い出してしまいそう。
特に奥の大きさの違う角鉢なんて蟹に見えたりしませんか?
・・・・・・・・僕だけか・・・



 



この記事に対するコメント
運転中に沢蟹が横切るのが見えた!それがまず驚きです。
わたしなんぞいつも一点Pしか見てないので、感心しきりです。
ダンプに轢かれた沢蟹一家・・・
なむ・・・・。
【2006/09/29 16:40】 URL | あべちゃん #- [ 編集]

あべちゃんさま
 だって30キロ行かない位の速度で走っていましたからね。さすがのあべちゃんでも気付くと思いますよ。
今日も出稼ぎだったからその辺を気にしながら走ってみたら3つの影がしっかり残っていました。ほんまになむ!
【2006/09/29 21:10】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

「蟹ミソ」というところに異常に反応してしまいました。山坊主さんてすごい。まさかすすりはしなかったでしょうね??
【2006/09/30 09:24】 URL | ヤマンバ #- [ 編集]

  ヤマンバさま
 じつはねぇ・・・ほんのちょぴっと!
なんてね。でもタラバやズワイのミソと同じ色をしているんですよ。沢蟹といえど多分おいしいのでは、とそーぞーしている僕です。
機会があれば試して報告します。なんつって。
【2006/09/30 21:42】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/124-8c24a7a5