プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



完品

       脱殻


 日本晴れの気持ちの好い一日。
久しぶりに会うやきもの仲間と庭で談笑していると
栗を拾っていた父が僕を呼びました。


            爬虫類の苦手な方はこの先ご遠慮くだせぃ。




 指さした先の山肌には草にまみれた
シマヘビの脱皮後の殻が横たわっていました。
絡んだ草を慎重に解いて拾い上げた殻は、それはそれは
美しい!珍しいほどの完品でした。
よく見かける殻は裂け破れたものが大多数ですが
今回のモノは裂けも破れもない貴重品です。
その勇姿をご覧ください。

DSC03247.jpg 


 全長1210mm。
最初はこの大きさからアオダイショウかと思いましたが
4本の薄い縦縞に気付き、シマヘビと断定。
けれどシマヘビにしてはかなりのサイズです。


DSC03241.jpg

 魚拓ならぬジャ拓を・・・
とも思いましたが・・・やめました。


DSC03248.jpg


 蛇腹ホースの原形。
この美しい蛇腹を見てやってください。

 山のどこかにひっそり暮らすこの殻の主。
これではきつくて抜け出たのでしょうから又サイズアップしている
ことでしょう。更なる成長が楽しみです。
もっと長い殻の完品を見つけ次第また直ちに報告いたします。
 えっ!もういらない?

 この完品、折り畳んで財布にしまっておくと
あれよあれよ!と言う間にお札が増えてゆくんだそーな。
早速財布にしまわなくちゃ!




 



この記事に対するコメント
いや-、すっごい、すっごい!
ホント見事な抜け殻です。
蛇嫌いのI氏に早速送っておきました。
それにしても、野外生活は奥が深いですね。
写真もGOOでした。
【2006/09/16 19:51】 URL | あべちゃん #- [ 編集]

あべちゃんさま
 そーでしょう、蛇界の引田テンコウさん
と呼びましょう。
さっき財布を覗いてみたら・・・
中身は変わっていなかった、のだ。
でも、軽トラの中で1000円を拾ったんです。
ご利益ご利益。
【2006/09/16 21:35】 URL | 山坊主 #- [ 編集]

その千円はご自分のお金でしょ?!
【2006/09/17 07:34】 URL | あべちゃん #- [ 編集]

あべちゃんさま
 うーん、微妙。
置いた覚えのない所から出てきましたからねぇ。
ご利益ってコトにして頂けません、か?
【2006/09/17 22:15】 URL | 山坊主 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://6jizo.blog69.fc2.com/tb.php/110-a830ef6b