プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ふと見ると

       すんごい!


 あまりに強い日差しが続く昨今。
山や林を形成する針葉樹、広葉樹問わず生い茂る枝葉の生気が、ちと衰えたように見えてしまう。中にはこれ以上の水分蒸発を防ごうとして、
葉裏をクルッと巻き込んでいる樹木もある。
総じて熱中症気味なのだろう。
夏の象徴、積乱雲もとんと目にしない。夕立やら通り雨なんぞ今夏は
一度もない。雨が恋しいのは人間も樹木も同じだろう。

 生気を吸い取る強い日差しがギンギンに照りつける山の片隅に、
ふと目が吸い寄せられた。

DSC05079.jpg

 切り倒されてから半年経つ雑木の丸太から幼い枝が2本、ニョッキと
生えていた。たまげた!
樹径30cm、長さ3mの丸太の内部に新芽を宿らすほどの水分が保たれているのだろうか。はたまた横たわる丸太に何かの種が根付いた
寄生植物なのだろうか。
どちらにしても乾ききった地面に置かれ、強い日差しに晒された丸太から新たな緑が誕生するのはすんごいことだ。
兵庫の相生でアスファルトを突き破り頭を出した「根性大根」に負けぬくらいの根性だ。
 上手く行くかは分からないけど、この枝周りだけをチェンソーで切り出し土に埋め戻してみよう。



スポンサーサイト