プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



さらば薪

       ようこそ薪


 ここ数日、我が家の冬場生活の象徴である薪ストーブに火が入りません。日中から深夜にかけて22~25℃の室温を保っていますから、当然焚く必要などないわけです。
この冬の薪消費量は昨年に比べ3分の1程の量でした。
火を絶やさぬ日が続いた昨年、夕方から朝にかけてしか焚かぬ今年。
家の軒下に積み上げた薪の入れ替えが2回で済んでしまうなんて、いかに今冬がぬくかったかを端的に表しています。
火を焚くことに生き甲斐を感じる自分にとっては、かなり不完全燃焼の冬でした。

 この不完全燃焼の心が向かう先にあるのは・・・4月に予定している初窯焚きです。赤松を1週間ほど焚き続ける窯焚きは、薪ストーブを焚き足りなかった物足りなさの穴を埋めて余りある程になるかも知れません。
 窯焚き用の赤松を岡山から搬入して10ヶ月経ちます。
その間、陽当たり絶好の場所に積み上げて乾燥を進めていましたが、
いよいよ今日から窯場に引越しを始めました。
軽トラックの荷台に薪を積み上げ、移動。窯から2m程離れた階段状になった薪置き場へ積み上げれるだけ積み上げてゆきます。
全部で1200束の薪の移動です。仕事の合間を縫って、後数日かかりそうです。
 薪ストーブ用の薪運びが終わった後の、窯焚き用の薪運び。
こんな肉体労働の繰り返しなんだろうな、僕の人生。



 


スポンサーサイト