プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



煤竹

       飴色の肌


 古梁材と共に頂いてきた煤竹(すすだけ)。
昔の民家は茅葺き屋根を支える構造体に真竹を使っていました。
今でいう垂木の役目を竹が担っていました。
細くてもしなやかで折れにくい竹の性質を最大限に
活かした、
適材適所の見本とも言うべき知恵の結晶です。

 囲炉裏で焚かれた煙によって永年燻されることで更に堅牢な材へと
成長してゆくのでしょう。建築当時に使用する竹の伐採時期を誤らなければ、虫による被害はないでしょうから平気で100年、200年持つ素材なわけです。 


DSC03804.jpg


 この煤竹、解体時は煤にまみれているので一見小汚い竹にしか
見えません。けれど濡れ雑巾で煤を拭ってみれば、妖艶な飴色の肌が
姿を現します。
銘木ならぬ銘竹として重宝される材です。
茶道具や籠などに加工されて高価売買されるそうです。

 僕の場合、見た目の美しさを求めてではなく
粘土を削ったり細工する道具を作る素材として煤竹を探していました。
燻されたことで竹の繊維が締まり、よりしなやかになった材でヘラを
作ると独特のへら目を出せたりするのです。
古梁材同様、貴重な材料が巡ってきたわけです。


DSC03809.jpg

 見た目が美しい、加工してからも使い勝手がよい。
祖先の知恵と永い歳月の経過がもたらしてくれる恩恵。
ありがたや、ありがたや。



スポンサーサイト