プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



また来たな!

       持ってけ、豪雨


 先ほど8時前からバケツをひっくり返したような雨が降った長柄です。
時間雨量100mmに近い雨でした。
家の裏が一瞬にして池になりました。
山の斜面に降り落ちた雨が幾筋もの流れになって
家の裏に落ち込んでくるのです。
それプラス屋根の樋の排水能力を超えた雨量だったので
ほとんどの雨が滝のように地面へ落ちてきたからたまりません。
ホント一瞬で大きな池が出来てしまいました。

 ヘッドライトを付け山の見回りをしてみると・・・
何箇所もの砕石がゴッソリ雨に持っていかれています。
夜は視界が通らないので、被害の全体像が摑めませんが
前回の大雨より更に被害は大きいようです。
明日の朝、豪雨の爪跡を目の当たりにするのがたのし、いえいえ
恐ろしいです。
今もまだ強い雨足ですので、外を気にしつつ明日に備え、
早めに寝ましょう。
 皆様もどうぞ気を付けられます様に。



スポンサーサイト




135m

       地下の世界


 我が家は井戸の水に頼って生活しています。
埋設済みの水道管までは800mもあり、自己負担での水道工事を
したら1000万円近い費用が掛かるとのことでした。
そんな訳で井戸掘削をする以外選択肢はなく地元のさく井業者に
依頼しました。

 掘削を依頼した業者さんは近隣の水脈データを持っていました。
が、魚群探知機の様な機械がある訳でもなく何を元にデータを集めるのか?とても不思議だったので聞いてみました。
返ってきた答えは過去の掘削実績と地形から読む、とのことでした。
つまり、経験の深さと勘が頼りという事です。
技能を要する職人の世界では経験と勘がモノをいう!
それと同じことなんだなと、その時は合点がいったものでした。
案の定、掘削前の段階で口にしていた深さに到達したところで
濁りのない、無色無味の水に行き当たったのですごいこの人!
と思ったものでした。
 深さの確認をしてもらいたい、ということだったので
先端に重しのついた紐を手に持ち腕を少し上げ下げすると・・・
確かに重しがトントンと地底をノックする感触が伝わってくるのです。
釣りをする方ならばその感触は珍しいものではないのでしょうが、
深さ135mの地底に手先が届いているかのような感覚は
何とも感動的でした。

 地下から掘り出される粘土を素材にしてモノを造っている
自分ですから、皆さんと比べると地下という存在をより身近に感じているのではと思われます。
そんな自分でも普段気に留める事はない130mもの地下。
一体どんな様子なんでしょうか。
水脈があるんだから少し位は空洞らしきものがあるものなのか?
どれ位以前に形成された層なのか?
その深さに流れる水は一体いつ頃降った雨が浸透したものなのか?
興味は尽きません。

 地球上で飲料可能な真水はわずか5・6%しかないそうです。
つくられた水ではなく、地に浸透しながら搾られていった水
を生活や仕事に使わせてもらっている、という事実。
忘れてはならないことなのでしょう、ね。
毎分40ℓ前後の水量が得られる135m地下の水脈。
ありがたいものです。

 井戸水は夏冷たく、冬温かい。
これは本当でした。すごいことです。