プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



引き続き

       右肩上がり


 先日略奪したスチール棚に塗装を施しました。
いかにも事務機器の色合が強い灰色色を塗り替えたかったんです。
窯場の棚として活躍してもらう以上、そこの色合いになってもらいましょう。

DSC03336.jpg              


 窯屋根の柱を黒く塗っているのと、以前造った棚1号も黒なので
という理由で棚2号も黒に変身!
黒以外の色が思い浮かびません。
色彩感覚の乏しさが如実に現れてしまいます。


DSC03333.jpg

 塗装中に電話が着信。
スチール棚を略奪したそのすぐ
後、実はもう一箇所気に掛かる
場所に声を掛けてあったのです。
そこは普段人の居ない倉庫で、中古の事務機器が外にも溢れている
一見ゴミ屋敷風の一画なんですが、いかにも使えそうな逸品が
野ざらしにされています。
 スチール棚獲得で勢いに乗っていた自分は
野積みされた中の3つを譲って欲しい、とメモを残して帰ってきました。
そこの所有者からの着信だっのです。
いいですよ、譲りますよ!とのこと。
 
 早速取りに向かいました。
堅木天板のローテーブル2台と用途の分からぬスチール製の台。
1000円で3つを引き取ってきました。

DSC03334.jpg


 これらにも塗装を施しそれぞれの活躍の場へ設置しました。

DSC03340.jpg


 重さ35kgの手ロクロの台となった用途の分からぬ台。
君の第2の人生の舞台は僕の仕事場だよ、がんばれ!
微妙な色合いだなぁ。ワインレッドが綺麗なので支柱は塗らずにおいたけれど・・・微妙な色合いだなぁ。

 




スポンサーサイト