プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



記憶の記録  15

       2005・晩夏


 内外装共に木工事がほぼ終わり
内装の仕上げに取り掛かる。
石膏ボードのビス穴、ジョイントの凹部に水で練ったパテを埋めてゆく。
 赤ん坊の寝付いた時間に妻がそそくさと作業。
追いつかない分は、頼もしい助っ人のTちゃんが頑張ってくれる。

 U君は大工道具を順次片付けて行く。
スッカラカンになった現場は、とても広く感じる。

DSC00726.jpg


 シナ合板で造り付けの食器棚、テレビ台
本棚、物入れ等多数造ってくれた。
締まりのない空間が、それらの造作でメリハリのある
空間に変わった。


DSC00727.jpg


 食器棚以外は薄めた柿渋で塗り仕上げ。
柿渋担当のTちゃん、再び頑張る。

DSC00728.jpg


 安価な厨房用器機を並べた台所。
向かいの作業台は、妻が浸透性のオイルを3度塗り。
シンプルで使い勝手の好い台所になった。


DSC00720.jpg


 上の白い箱は、内装の壁に塗る漆喰が
練られた状態で袋詰めされた製品。
着色されていないので、外壁の色を決めた時と同様に
好みの色を造り出して行く。
色とりどりの鉱物、弁柄(べんがら)を混ぜ込み
イメージに近い色を探す。



スポンサーサイト