プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



本格的始動

       規模はまるっきり違うけど


 車で10分強走った隣町に
圏央道が通ります。
東京湾横断のアクアラインと直で繋がり
隣町を通って成田、利根川を越えてつくば市へ、
まあ壮大な計画ですこと!

 茨城地域の進捗具合に比べ
ずっと遅れをとっている千葉地域。
あちらでは一部開通したというのに、こちらは
土地の買収さへおぼつかないようです。
ホントに繋がるんかいな!と疑いの目を向けていましたが、
買収の済んだ区間の工事が進んでいる様子を
目の当たりにすると、計画の現実味がぐっと増して来ました。


DSC03087.jpg


 おー!後ろの山はこれから削るのか!
頑張れー、千葉地域!


 こちらは、ささやかなる始動です。
乾燥を終えたやきもの用の粘土を砕き始めました。


DSC03090.jpg


 容量100ℓの漬物樽、安価で丈夫。優れものです。
これに粘土を貯めてゆきます。
砕いては水に浸し、浸しては又砕き。

DSC03091.jpg

 砕く前の固形の原土は一見単色に見えるのですが、
砕いてみると幾つもの色味が集まり個体を形成していることが
分かります。
この粘土は砂を多く含んでいます、が
それを個性と捉え、それを活かせるようにしたいものです。

 これからしばらくは、地味なこの粘土砕きが続きます。
でもこれこそがとても大切なる工程、なんです。
地道にやってゆきましょう。



スポンサーサイト