プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



治癒力

       新陳代謝


 爪がよく伸びる。
 汗をよくかく。
 切り傷、打ち身がすぐ治る。
 前頭葉以外の毛髪があっという間に伸びる。

 医学上で言われる新陳代謝、とは違うのかも知れませんが
自分の感覚で表現するなら、自分はすこぶる
新陳代謝が好い人間なのではないかと思っています。
いくつか思い当たる箇所を先に挙げましたが、
これって良い事なのかどうかが定かではありません。

 何もかもフル回転機能、
生き急いでいる感があってあまり好きではないんです。
そんな事を感じる時意識して腹式呼吸をして、ゆったり生きたいんです
よ、僕は!なんてスロウな自分を命の番人に見せつけようとしたりしますが、きっと何の意味もないことでしょう。
まあ、そんなのはどうでもいいとして・・・

 昨晩の出来事。
我が家の愛犬ロクと近くの山でジョギング散歩。
道を外れてガサゴソ草むらで遊ぶロク。
しばらく間を置いて<キャン!>
後方で、ロクの大きな身体には不釣合いな、か弱い鳴き声がした。
よくあることなので気にせず走り続けていると、案の定
何事もなかったように僕の足元へ寄り添ってきた。

 明るい場所に出てリードを着け、帰宅。
少し元気がないことが気にはなったが、そのときは
深く考えずに小屋へ入れおやすみなさい。

 3時間後、ふと気になりロクの小屋へ行って見ると・・・
顔が膨れ上がっているではないか!
よく見ると鼻先に2つの傷がある。
蛇か蜂か判別出来ないが、この腫れ上がり方は毒を持つ
生き物にやられたと思った。
真夜中であったから翌朝に病院に連れて行く
として、それまでの時間は手の施し様が分からないので
ただ付き添ってやることしか出来ない。

 僕は出稼ぎ仕事なので両親に病院へ連れて行ってもらう。
診断は、マムシに噛まれたのでしょう、とのこと。
母が知らせてくれる。
マムシ、・・・・・やっぱり。
で、命は大丈夫なの?
大丈夫だって。マムシにやられた犬がよくこの病院に
来るそうよ。

 そんなものなの?
マムシだよ?犬より大きい人間でも血清を打たないとヤバイっていう
あのマムシに噛まれて平気なんだ?

 普段感じる事のない、犬=動物ということに考えが至った。
人間が治療にあたらなくても、自らの体内で
毒に対抗する抗体がしっかり闘っているのだ。
 自然治癒力。
傷つけられても、毒牙にやられても自己で処理してしまうのだ。
すごいやつだ。普段悪さばかりをする、ちょっと間抜けな
あのロクが、とても頼もしく感じた。

 僕の新陳代謝なんて、全く彼の足元には及ばない。
今も体中の力を集結させ毒と闘っているのだろう。
さっき久しぶりにいつもの雄たけびが聞こえた。
腫れも元気も回復しているようだ。
すごい回復力、スバラシイ。



スポンサーサイト