プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



納得だぁ

                これでいいのだ!


 昼過ぎに窯の粘土被せが終了しました。
長い期間レンガむき出し状態でしたが、ようやく服装を
まとった本来の姿へと戻りました。

 ・・・思えば
ヒビの打ち消し作業に追われていたのが、去年の11月。
埋めても埋めても翌朝にはパックリひび割れて
どうしたものか、と途方に暮れていたあの頃。
やり直そう!と決めた今年の初め、から早8ヶ月も経ってしまいました。
 けれどこうして粘土を被せ終わり、振り返ってみて感じる事は
手間と時間の掛かったこの一連の作業をしたことで、
ようやくこの窯が自分に馴染んだなぁ、って気がします。
ん?逆かな。
僕が窯に馴染んだ。そうです、こっちです。

 ほんの少し負け惜しみが混じり込んだ感想ではあるけれども、
この山で掘り出した粘土を使うことにこだわり、
こうして形が出来上がったのですから、よし!という感じです。


DSC02972.jpg

        窯修復レシピ
 長柄粘土   1t、
 鉄鋼スラグ  5t
 水        たくさん
 セメント     微量
 愛情      ありったけ
 励まし     てんこ盛り(ありがとうございます。)                                                            
                          
                             以上
 
 明日からは叩きの日々がしばらく続きそうです。

 今夜の月はとても冴えています。
      
 いい夜だなぁ。  
 


スポンサーサイト