プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



記憶の記録  6

       肩の荷がすーっ、いいえまだまだ!


 山の造成が無事終わり、一安心。
心身ともに疲れ、でもやり終えた達成感も大きかったこの時期。
ただ、造成が終わっただけで、この先いくらでもやらねばならぬ事
が目白押し状態。
やらねば、と気合を入れるけどさっぱり身体に力が入らない
時期でもあったなぁ。


 自分がやらなければ、何も進まない。
分かっている、分かっているんだけどねー・・・・・。
両親の引越しが数ヶ月後に迫っている都合上、生活を営むに支障のない環境は確保しないと。
電気、水道、浄化槽。
ライフラインそれぞれの施工会社との打ち合わせ、調整。
造成の切土、盛土で出来た法面の緑化。
窯屋根、窯の設計。
仕事場、住まいの設計。やることてんこ盛り!

 そんな状況でも、各分野においてお世話になる施工会社の方たちが
親身に丁寧に作業を進めてくださったり、友人、知人の大きな
支えに助けられ一つ一つクリアしていけた。

DSC00307.jpg


 井戸を掘った。
水道の本管まで800mあるので、水道水はあきらめた。
山の中だし、近くにダムがあるし漠然と良い水がありそう、
と思っていたが、そんなものでも無いらしい。
ここは海抜130m。
その海抜分の130mを掘って出た水は、飲料水には適さぬ水。
がっかり!それでも滅菌機という、雑菌を減少させる装置を付け
今は何の支障も無く井戸水を使わせてもらっている。


 電気は500mを新たに引いてもらった。
山の景色を色褪せて見せてしまう、電柱と電線。
電気の恩恵を受けるだけ受けといて、勝手な言い草だろうけども
地中埋設をすれば、山も街もだいぶすっきりするだろうに。
施工する関電工を通して、地中埋設をと、東電にお願いしたが
土地の私有権の問題、費用が掛かるとの事で却下。
残念だけど交渉の余地も、自分の気力もないみたい・・・。
あきらめる。


 浄化槽。
長柄町の下水普及率はとても低い。
町としては、普及率の低い下水道をこれから新たに張り巡らす
選択肢より、各所帯の敷地の末端に合併浄化槽を設置すること
を推進させるべく制度を変えた。
ちょうど制度が変わった年度にぶつかり、初期費用が以前より
ぐぅーんと減った。ラッキー!
前年までは個人所有の浄化槽ということで、補助金こそ出たものの
大きな初期費用と維持費が必要だったが、
これからは全て町の所有する浄化槽になり、設置、管理の負担
は町が持つようになった。
その代わり、毎月の使用料は家族の人数分負担するようになったから
ながーい目で見ればどっちがどう、かは?だけどなぁ。



DSC00312.jpg


 そういった交渉をしつつ、窯場の土留めも終え
各設計を煮詰める所に来たようだ。
                           つづく





 


スポンサーサイト