プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



記憶の記録  4

      伐根開始


 下草刈、伐採を終えいよいよユンボを山に搬入。
このオレンジユンボは、知り合いから借りたもの。


DSC00267.jpg


 タダで借りただけあって、実に気分屋なユンボさんだった。
好不調の波が激しく、さっきまで調子好かったと思えばそのすぐ後は絶不調に陥る、扱いにくい機械だ。
動きが鈍くなる原因は、燃料が上手く循環しないから。
それでも修理に出さずに、騙し騙し乗って切り倒した木の根
を地中から掘り出していく。
 
 樹齢40年程の木の根は、想像を超える大きさと粘り強さで
掘り出しに時間を費やす。
一日作業しても10本の根も掘り出せない。
深く、広い範囲まで太い根を走らせているからだ。
おまけにユンボも一時間動かし30分休ませる、そうしないと
動かなくなる始末。
そんなことで、伐根には時間が掛かってしまった。


DSC00263.jpg


 こりゃあ、一台では能率が上がらない。
もっと大きいユンボを借りることにした。
知り合いに機械のオペレーターを紹介してもらい
2台稼働にしてから、能率が飛躍的に上がる。


DSC00280.jpg


 伐根開始から2週間で全ての根を掘り起こす事が出来た。
一人でやっていたら一ヶ月以上は掛かったに違いない。

 次に平坦地を造るための切土、盛土作業。
引き続き2台のユンボでの共同作業。
切り出した土を運び、少しずつ平坦地を広げてゆく。


DSC00303.jpg


DSC00294.jpg

 山の尾根部分の平坦地が出来た。
ここまではとても順調。こおのまま突っ走れー。



DSC00313.jpg


 


 


 


スポンサーサイト