プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



梅雨のあめま

       ひさしぶり


 梅雨の晴れ間ならぬ雨間。
そう言いたくなるほどの空梅雨ですねぇ。
西日本ではそれなりの梅雨模様らしいのに・・・
たまに降ったと思うとスコール級の大粒雨。
 でもまあ、今日の雨のお蔭で助かった人々が大勢いることでしょう。
外で働く労働者、日々庭木、芝の水やりに四苦八苦されている方、田畑を管理する方など日頃心労、疲労のある方にとって有難い雨だったと思われます。
 僕達の住む山の木々、草花、芝が雨を受けて尚一層輝きを増し、
それらを目の当たりに出来た自分もまた乾きが癒えた感じです。

DSC02779.jpg


 山の蒸れた香りを感じながら屋根の下での作業が進みました。
先日の長柄粘土のその後。
水気が無くなりつつある鉢の中の粘土。


DSC02780.jpg


 もう手で持てます。
植木鉢の内型に沿い碗状の形になりました。

これはこれでかっこよい。


DSC02783.jpg


 で、雨の降る最中作った作業台。
この写真を撮った後、この場所は床上浸水に遭いました、とさ。



スポンサーサイト