プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



やっとこさ

         土砕き開始


 先日紹介した粘土粉砕機が本格的に始動開始。
一度登り窯に被せた土を先日から砕き始めました。
この粘土は山を造成した際に出てきた層から削り取った、長柄産粘土です。


DSC02752.jpg


 大きい塊をあらかじめ小槌で砕き、ネコで機械の傍まで持ってきます。
角スコップでネコからからすくい、ゴロゴロ回る車輪の中へ落とし込む。
 


DSC02748.jpg


 車輪の下の口から砕かれた粒子が次々出てきます。
角スコですくい入れてから15秒しないうちに砕いてしまう程の威力。
以前使い慣れていた、勝手知ったる機械でしたが改めてその働きっぷりに惚れ惚れしちゃいます。


DSC02753.jpg


 これが砕かれた粘土の粒子。完全に砕かれ切ったコンマ数ミリのものから、5ミリ位のものまでまちまちの大きさです。
これを漬物の樽に入れ水を滲み込ませて柔らかめの泥状態にしていくのが本来の粘土造りの行程ですが、今回は作品造りの為の粘土ではないので大雑把に砕いて行きます。
なにしろ3トン近い大量の粘土なので細かい事を気にせずただ、砕く、運ぶ、砕く、運ぶの繰り返しです。
 やっと6分の1程の量を砕き終えました。
まだまだ続くこの作業。
蒸し暑さがこたえます。がやきもの造りから長い時間離れている自分にとっては、精神的にも肉体的にも良いリハビリトレーニングと位置付けてやろうと思っています。


 


スポンサーサイト