プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



世界との距離

    ワールドカップ第2戦 クロアチア戦
  
  日本のサッカーはどこへ・・・


 うーん、不完全燃焼。試合後の中田英寿君のコメントにも
あったように、勝てた試合だったと感じる。ただ勝ちきれない、決められない所が今の日本サッカーの実力なんだろう。
厳しい予選を勝ち抜き3大会連続の出場を果たした日本。
それはとっても評価するのだけど、この1,2戦を見る限り世界との距離を感じてしまってどうしようもない。
 少なくとも、これが日本のサッカーなんだ、という形が見えれば負けてもまだ気持ちの均衡が保てるけど、今大会の2試合計180分を見ていてああこれをしたかったのか!と意図が伝わって来る場面は0に等しい。
前大会トルシエ監督で臨んだ時は、賛否両論あったにしても日本サッカーはこれなんだ!ってアピールがあったように思う。
 規律を重んじ、全員で90分走りきるサッカー。そんな印象があったけど、あれはあれで対戦国にとってはイヤなサッカーだったろうと想像する。運動量の豊かさが相手には脅威であったろう。


 今大会の日本にはそういったあてはまる形容詞が見当たらない。
ということは、特徴のないサッカーだということ。
それって方向性が定まらない、軸のないサッカーと言えないか?
個々の能力が秀でているならそれでもいいだろう。でも残念ながら
日本選手はそうではないのだなぁ。個人個々で相手を上回れないならチームとして機能できればいいのに・・・。
現実は・・・選手の動きを見ていると、お互いの意思疎通が上手くいっていない。
共通のイメージが共有出来ないから、特に攻撃する際にギクシャクしている。よっぽど優れたストライカーがいるならそれでも何とかなるのかもしれないけど、それが望めない以上ジーコ監督は何らかの手を打たなければならない。次のブラジル戦までに何が出来るのか?
 正しい答えなど分からないけど、僕は中田英寿をベンチに置くことがいいように思う。小手先の方策だと思わなくも無いけど、もう時間が無い。
 
 日本サッカー、ジーコサッカーの要として君臨してきた選手ではあるけれど、機能していない選手は誰であろうとピッチに立つ価値はない。
 過激だろうか?

 

 
 

 



スポンサーサイト