プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



1週間のアーカイブス

   我が家のIT革命


 怒涛のブログ更新(自分で言うのも変だけど)の日々でした。途中、友人の有難いアドバイスのお蔭で肩の力がすこーし抜けて、気持ちも楽になりつつあるこの頃です。


でもまだまだ文体も言い回しもガチガチ感ありありですから、読んで下さる方はさぞかし疲れるだろうなと想像します。いろいろなブログを観察してみると、うまいなーこの人のはと感じるのは共通した魅力がありますもんね。


読みやすい、目の前の友人に語るような気楽さが漂っている、話題がゴツゴツしていない、楽しげな感じがこちらにも伝わってくる、そんな印象を受けます。


それらを参考にして、心機一転ヨシッ!と文を打ち込むと・・・


なんかいやらしい、媚びた感じのする文面になるようで結局元に戻ってしまう有様。


 何度か試したけどどれも上手く行かず、つい、ベビースターラーメンは硬いからおいしいんだ!なんて訳のわかんない事を口走って、自分をごまかしている今日この頃です。


 とは言え、そのうちに自分らしさを残しつつ読みやすいであろうブログに成長してゆきたい、と想うのです。こうして、日々PCに向かう生活がやってこようとは想像してなかっただけに、今の自分に驚いているのが本当のところですね。この新鮮な体験のきっかけを作ってくれた友人や、リンクしてくれている仲間達、そしてブログに訪れてくださる皆様に改めてお礼を言いたいです。


  ありがとう、そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト




すごいやつら<2>


夕べはオオスズメバチ編でしたが、今宵はどんなすごいやつでしょう?


多種にわたる植生に覆われていた僕らの山の、落葉・常緑の比率は7:3くらいのものでした。落葉の勝る植生だと毎秋の落ち葉の総量といったら、そりゃあすごい量になります。11月中旬以降の少し風の強い日は、黄金色のブリザードといった景色が目の前にひろがります。なかなかきれいですよ。


その舞い落ちた幾種もの落ち葉は雨に打たれ、風にさらされ、霜にのられ、雪に圧されやがて来る春の頃には行儀良く1枚の層に均されています。分解の早いナラの葉は春の終わりに土への同化を始めている様に見受けます。これらがいわゆる天然腐葉土へ姿を変えて行くのですねえ。腐葉土が幾層にも重なりあった地盤はおびただしい数の微生物宝庫でもあります。実際には目に留まらない大きさの物なのでしょうが、手で表面を掻き分けると墨色に近い色をした層の中で、無数にうごめく微生物がみえるような感じを受けるのは僕だけでしょうか?少しグロテスクかな・・・


すごいやつ<2>はお分かりの通り漆黒のじゅうたん、腐葉土です。


そのすごさを列挙すると、懐かしい匂いがする。特に雨がやんでしばらくした時。


くるぶしまで飲み込まれる柔軟さ。国会議事堂に敷いてあるのより断然気持ちよい、筈。  この2点は個人的感情。


[続きを読む]