プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



道のり

こんばんは。開設3日目。


 慌ただしく過ぎる1日の中で、時間を創りだし1つの事を日々持続してゆくのは大層努力のいることですねえ。3日坊主と言われて久しい僕にとって、ブログ開設4日目の明日は自分にとって天下分け目の1日となります。


おおげさに聞こえるでしょうが、何かを初めてから3日や3回を熱中しつつ4日目、4回目へ突入できる事柄って案外少ないと感じます。  このブログ更新がいつまで続くか判りませんが、生憎僕の周りには日々更新する猛者が幾人かいるので、その流れに身を委ねトロトロくっついてゆきましょうか。


さて、今日は僕の生業となって行くであろう、やきもについてのあれやこれをかいてゆきます。  石ころを投げりゃやきもの屋にあたる、と言われるほどにその地域の産業の屋台骨となって、やきものに従事し活躍している方が多い、そんな窯業地が日本には数箇所あります。 一方やきものの原料に恵まれていない場所で、やきものをされている方も多数おられます。僕は後者に入りますが、今までに何度か<何故粘土も薪も入手しずらい場所で窯を持とうとしたのか>という、問いを投げかけられました。 その都度まともに答えられない自分でしたが、そろそろ真剣に考える時期なのかな、と感じています。補足ですが、僕のやろうとするやきものは無釉焼締めの陶器で、登り窯、そして燃料となる赤松が大量に必要なのです。ですからこれらのやきものの原料が近場で調達できれば、何かと有利だし理にかなっているのです。


[続きを読む]
スポンサーサイト



テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記