プロフィール

六地蔵山坊主

Author:六地蔵山坊主
 お蔭様で第4回の窯焚き、窯出しを無事済ませることができました。
遅々とした動きですが、確実にに前進している・・・そんな実感がじわじわ湧き上がっている昨今です。
春の窯に向け再始動します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


御無沙汰しまして・・・

       3ヶ月ぶりの更新

 昨年暮れから長きに渡る更新停滞でした。
年末年始の御挨拶もないまま、とてもだらしない尻切れ状態の姿を晒しっぱなしでしたから、不快な思いをされた方も多く居られることでしょう。
また遠方の方からはどうした?生きてるのか!とのご心配を投げかけてもらうこと数度。そして根気強く当ブログに訪ねてくださっては、無駄足を踏ませてしまった多くの方々。リンクして頂いている仲間の方々。誠に申し訳ありませんでした。

 ブログを立ち上げた頃の更新意欲はなんだったのか・・・
日々の移ろい、心情を拙く綴っていたあの情熱よ再び!とは言いませんが
またぼちぼち再開させてもらいます。
 今春の3度目の窯出しに向かい追い込みに入っています。
予定では4月23日に火入れをする予定です。





スポンサーサイト

若者たち!

       おじさんはなぁ・・・


 ロクロを廻していた夕方、友人が今から5.6人で窯の撮影行っていい?との電話をもらいました。
もちろんいいよ!ということでやってきたのが高校生の写真部員4名と引率の先生、そして友人の6名。
早速、工房横の登り窯での撮影会。皆が何に興味を惹かれ、何に焦点を合わすのかを興味深々に眺めていました。
当然のことながらそれぞれが違う対象にレンズを向ける様を見ていて、
ははぁ~、なるほどねぇ。なぞと、しきりに首を縦に振る自分が、なんだかもろオジサンオジサンしているように感じつつも、結局ついつい年長者ぶっている自分に酔っているのでありました。
 撮影が終わり工房にて皆と話をすると・・・
現役高校生と話をするってことがえらく久しぶりなことに気付きました。
一体何年ぶりだろう?今時のわけぇ~モンと会話するのって。
口をついて出る言葉は何かさぐりを入れるようなしみったれた質問と、昔どこかで聞いた覚えのある説教染みた言葉の数々。
嗚呼、この身のどこをどう切り刻んでみてもその断面は全てオヤジっぽさで満たされている!若者達を目の前に、胸中はそんな想いで乱れまくっていた自分なのであった。

IMGP8655.jpg

 それでもなぁ、おじさんはなぁ・・・楽しかったぞ!
ほんとだぞ!また遊びに来いよ~、若者たちよ。



さ・い・こ・う!


       ほんと、さ・い・こ・う!!


 仲間4人が出場した[XTERRA ジャパンスプリットinNAC]
http://www.xterrajapan.net/race/index.htmが15、16日に開催されました。まず、15日の6kmトレイルランに出た我がチーム最年長のY氏が
見事総合3位で表彰台をゲット。表向きは6kmとなってはいますけど、実際は10kmあるのでは?と思えるほどの過酷なクロスカントリーコースを走りぬきました。高みの見学をしていた自分達でしたが、途中からはこのまま死んでしまうんじゃないかと心配するほどキツイコースをほんとうに
よう頑張り抜きました、拍手。
 
 そして翌日。

DSC05131.jpg

 
11時15分にH氏と僕、15分おいてキッズトライアルのY君がスタート。
スイムはさておき、バイク、ランの過酷なコース設定に僕は完全ノックアウト。H氏はかなり苦しみつつもバイクの終了時には上位を維持するほどの頑張り、そして我らのキャプテン11歳のY君はスイムを手こずりながらも次第に追い上げなんと堂々5位入賞を果たしました。
場数を多数こなしていそうな他キッズの面々の中、この5位は彼の潜在能力を高さを現しているとおもいます。
トレーニングを積んで出るであろう来年以降のレースに、おおいに期待を感じさせる走り、気合でした。
 へっ!?僕らですか?
まぁまぁ・・・それなりにがんばりましたんですよ。
H氏は1時間8分、僕が1時間13分でゴール。完走出来てよかった!
ちなみに成人1位のタイムは42分でした。大会の常連さんだそうで、完全に鉄人です。

 レース中、余りの苦しさの連続に、来年は出場せん!
なんて感じていましたけど、大勢駆けつけてくれた地元応援団のありがたい応援やレース後に入ったプールのあまりの気持ちよさに苦しみが霧散して弱気の虫がすっ、とへっこみました。
来年も出るぞ!そして少しでもタイムを縮めてやる!
プカプカと水面に浮きながらそう想うのであった。
この爽快感、充実感、ちょっとの達成感は学生時代の部活で味わってからというもの、この歳になるまでに忘れていたもの。
こんな快感を仲間4人だけで共有しておくのはもったいない。
キャプテンの下、定期的にトレーニングを積んでゆく我ら仲間に皆さんドシドシ加わってくださいな。
ほんとさ・い・こ・う!ですよ、体を動かすということは。

DSC05133.jpg


 芝と森に囲まれたメイン会場、ラク・レマンプール。
わが町長柄が世界に誇る最高にきもつええ~ところ。
http://www.seimei-no-mori.com/
主催者のスタッフさん、大勢のボランティアの方々、応援してくれた皆さん
そして仲間のみんな~、ほんまにお疲れさんでした。
そしてありがとうございました~。




さぁ!

       やって来たぞ!


 わが町で開催されるミニトライアスロンにエントリーしてからというもの、
仕事の合間にトレーニングを重ねてきました。
1キロ走れば息の上がっていた低体力が最近ではやや向上し、
気になっていた腹回りのおいしそうな肉もやや削がれてきました。
体重、体脂肪率もそれぞれ5kg、5%減りました。
仕事以外の労働で体を動かすきっかけをつくってくれた友人に
感謝するとともに、この運動を長く続けてゆこうと誓う今日この頃です。

 さぁ!、16日の大会まであと3日。
苦しみやら自分との戦いやらに打ち克って、1つでも上の順位を狙ってがんばりまっしょい。
今回エントリーした仲間は4名。
先頭を切ってY氏(40歳)が15日の6キロメートルのトレイルラン(起伏の激しい山道をひたすら走る!)に出場。
翌日のトライアスロンにH氏と僕、そしてキッズトライアスロンにY君が出場。皆が怪我なく完走することを願っていま~す。
がんばろ~ぜぃ~。



棚チェック!

       揺れる地盤


 一昨日から房総近辺が盛んに揺すぶられています。
千葉東方沖が震源だそうでマグニチュード4クラスが頻発しています。
つい今しがたも真下から突き上げるようなドンッ!という揺れが起きました。揺れと同時に階段を降り、仕事場に異常がないか見て来ました。
一昨日から何度も繰り返している行動。
どんな人でも地震は困る!でしょうが、僕の様な壊れやすいモノを造る人間は余計に揺れに関して敏感になるのかもしれません。
 幸いにして今のところ、モノの被害はありませんが各地で起こる震度6クラスの大きな揺れに見舞われたとしたら・・・造りためた作品が窯に入ることなく粉々に割れてしまうんだろ~な、そんな状況が頭をよぎります。

DSC05077.jpg

 10月から地震予告警報なるものが実施されるそうです。
電源の入っていないラジオやテレビが強制的にONになり、
被害を及ぼしそうな地域に警報を流す仕組みらしいのです。
既に試験的な試みが行われていて、一定の成果が得られているらしいのですがこれって画期的です。
かえってパニックを引き起こす可能性も否めませんが、
不意を突かれて起きる揺れを、なす術なく受け入れざるを得なかった今までですがこの警報によって少なくとも「お、揺れるぞ!」と事前に心構えが出来ます。
 どうやったらそんなことが出来てしまうのかはチンプンカンプンですが、
もっと欲をかいて、大きな揺れを引き起こすありとあらゆる断層に
免震装置を埋め込む技術が開発されればいいのに!
なんてことを思う勝手な独り戯け。

 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。